FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

湯楽城 東京(お風呂編)

 湯楽館 東京の温浴スペースのレポです。

 脱衣所は、フチなし畳式で快適。

 

 たくさんのロッカーが並びますが、1つ1つのロッカーの容量は少な目。

 

 タオル完備で、タオルカウンターには、常に従業員が常駐しています。

 お風呂は、内湯と露天で構成。

 内湯は、入るとすぐ赤い柱に瓦屋根のかけ湯。

 

 あかすりコーナー

 

 サウナはドライサウナのみでテレビ無しが残念。

 水風呂は、シャワー2つと、1人用木浴槽が2つ。

 

 木の浴槽は、手狭で使い勝手はイマイチ。

 

 内湯のメインは、三面窓の明るい白湯大浴槽。

 

 適温設定で塩素臭も感じず、ゆっくりと浸かります。

 こちらは、マイクロバブルバス。

 

 湯温がやや高めに加え、マイクロバブルでより温まります。

 ぬる湯大浴槽

 

 このぬる湯、広々として開放的。

 思わず寝てしまうほど快適。

 続いて、露天へ。

 まず、3連の壷湯。

 

 1つが1人用ではなく3人は入れそうな大きな焼き物を使っています。

 露天は、くの字型の中浴槽。

 

 坪庭が庭園風に設えてあり、モミジなんかも植えられているので、秋には赤く色づきよさそうです。

 

 温泉でないのが残念ですが、塩素臭も感じず、お湯も柔らかめ。

 

 ガラ空きで、広くダイナミックな浴槽を独り占めでした!

 






 ●源泉名     -
 ●源泉温度    -
 ●泉質     白湯
 ●色      無色
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金      -
 ●住所     千葉県富里市七栄650-355
 ●電話     0476-91-6866
 ●HP       https://www.yurakujo.com/
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

湯楽城 東京(施設編)

 成田空港にほど近い、冨里市に建つラディソンホテル成田の敷地内に温浴施設がオープンしたとの情報を得たので行ってみました。

 湯楽城 東京

 

 7月16日~9月7日までは、ソフトオープンというお試しきかんらしく、営業時間が11時~21時までで料金は半額設定となっています。(平日2800円→1400円)

 外観は、提灯や浮世絵などがオブジェとして貼り付けられ、ネーミングも城。

 

 なのに、お堀には噴水があり、どこか違和感があります。

 入口入ると、どでかいロビー。

 

 これは、江戸ではなくヨーロピアンリゾート?

 チェックインでは、ホテルさながらの名前・住所などの記入を求められます。

 受付の女性たちがほぼ中華で統一されているのも???

 受付を済ませ、ロッカールームに進み、ここで館内着の浴衣に着替えます。

 ここからの演出がまた凄い!

 真っ暗の通路には水が絶え間なく流れ、天井には、数多の星群の輝き。

 ほんの数メートル歩くと出口。

 出口は、稲荷神社のような赤い鳥居が並び、この辺りの地名をとった根木名駅となっています。

 

 出口を出ると目の前に江戸の町が広がります。

 とにかく広いスペースに、大江戸温泉をパクったかのように甘味処や飲み食い処、バーなどの建物が。

 

 

 
 
 目を引くのが中央に広く採られたイベント用の舞台。

 

 お休み処は、無料。

 

 密庵所は、有料貸し切りスペース。

 

 このスペース、天井にはプロジェクトマッピングのようなど派手な映像が流れ、けたたましい祭り太鼓が響き続ける落ち着かない演出が続きます。

 

 ここでも何か違和感を禁じ得ない・・・

 暖簾を見ると「CHI 江戸」の文字。

 CHI???

 中華ホテル資本がぶち込まれた施設だったのです。(ラディソンも中華でした)

 ハリウッド映画で描かれる間違った日本と相通じるイメージがこれです!

 まさに、中国旅行で日本テーマパークに来てしまったみたいな感じ。

 館内従業員も9割方アジア系なのも頷けます。

 驚きの施設の解説が長くなってしまったのでお風呂紹介は、次回に。

 







 ●源泉名     -
 ●源泉温度    -
 ●泉質     白湯
 ●色      無色
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金      -
 ●住所     千葉県富里市七栄650-355
 ●電話     0476-91-6866
 ●HP       https://www.yurakujo.com/
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ

 ニセコアンヌプリスキー場に隣接する、高原リゾート、ニセコノーザンリゾート・アンヌプリの温泉レポートです。

 

 このホテル、かつては、ホテル日航アンヌプリといって、日航系ホテルだったので造りが贅沢です。

 

 

 ロビーは、北欧風デザインで統一

 


 ソファーは、ゆったりと置かれ、落ち着いた空間を演出。

 

 お土産屋さんも完備

 

 それでは、大浴場の暖簾をくぐります。

 

 脱衣所は、木の質感を生かしたスタイリッシュなデザイン。

 

 

 内湯は、大きく窓をとった大浴槽が1つ+サウナ+水風呂

 

 注がれるのは、ナトリウムー塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉。

 

 芒硝系の香りとキススベ浴感の湯は、肌に膜を作り水をはじく感じがします。

 

 露天は、石枠中浴槽が1つ。

 

 

 目隠し板が張られているので開放感は、イマイチですが、露天も夜はライトアップされ、リゾート感が高まります。



 ほぼ貸切状態で楽しめるのもよかったです。

 





 
 ●源泉名    SPA NISEKO ニセコ温泉(モンパル)
 ●源泉温度   57.6℃
 ●泉質     ナトリウムー塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉
 ●色      無色
 ●臭      無臭
 ●味      微苦味
 ●料金      -
 ●住所     北海道 虻田郡ニセコ町字ニセコ480-1
 ●電話     0136-58-3311
 ●HP       https://www.niseko-northern.com/
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)


 









FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

北海道道央旅行 8(ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ)

 北海道の旅、2日目の宿は、ここっ!

 ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ

 

 かつては、日航ホテルだったので、贅沢なつくりのリゾートホテル。

 ロビーは、北欧風デザインでまとめられた、落ち着きある空間が広がります。

 

 

 お部屋は、スタンダードツイン→デラックスツインにアップグレードされていてラッキー!

 

 

 壁紙、絨毯すべて北欧風!

 

 ユニットバスは少し手狭

 

 

 窓からは、駐車場&マウンテンビュー

 

 1泊朝食付きのプランなので、ディナーは、部屋呑みということになります。

 道中、買い集めたつまみ類を肴に飲みましょう!

 

 サッポロクラッシックの夏限定ビール

 

 セイコマのオリジナル第三ビール

 

 京極の道の駅名水プラザで買ったニセコ産大豆使用、白雪よせ豆腐と南富良野じゃがバター

 

 

 道の駅ニセコビュープラザのニセコ産メロンの漬物

 

 焼きとうきびとあげいももビールに合います。

 

 高橋牧場で買ったチーズ・曽我

 

 チーズは、雪秩父の温泉玉子とともにセイコマのチリワインのアテに。

 

 リゾートホテルでこんなディナーも結構好きです。

 朝食は、レストランでビュッフェ。

 

 焼きたてパンが人気なので、基本は洋食をチョイス。

 

 オムレツは、その場で焼いてくれるので熱々、ふっくらです。

 

 北海道ならではの、珍味もあり、つい、ごはんもいただいちゃいました(笑)

 

 この他、もちろん温泉もありましたが、レポは次回。

 これで一人5,000円程度で泊まれたので、コスパは最高!

 冬のスキーシーズンは、ゲレンデ直結なのでかなりいいお値段になりそう。

 







 ●住所 北海道 虻田郡ニセコ町字ニセコ480-1
 ●電話 0136-58-3311
 ●HP  https://www.niseko-northern.com/










FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


北海道道央旅行 7(蘭越町交流促進センター雪秩父と大湯沼)

 五色温泉から本日の宿に向かう途中に立ち寄りました。

 蘭越町交流促進センター雪秩父

 

 かつては国民宿舎でしたが、日帰り温泉としてリニューアルした施設。

 

 

 強烈な硫黄泉を味わいたかったのですが、時間がなく入浴は見送ることにしましたが、温泉玉子を夜のおつまみとして買いました。

 

 60円安っ!

 雪秩父の隣は、源泉地の大湯沼

 

 硫黄臭と温泉熱の熱風が立ち込める、温泉マニアならワクワクする景勝地。

 
 
 遊歩道がありますが、湯面まで降りる部分は通行止めとなっています。

 

 湯面には学術的にも貴重な「黄色球状硫黄」が浮遊。

 これを見ちゃうと雪秩父に入りたかったと改めて思いますね。

 





 ●住所 北海道磯谷郡蘭越町字湯里680番地
 ●電話 0136-58-2328 
 ●HP  http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/yukichichibu/






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん