喜連川早乙女温泉

 泉質が良いと評判で前から気になっていたこちらを訪ねました。

 喜連川早乙女温泉

 

 

 東北自動車宇都宮ICから30分程度でさくら市。

 R293をニッカウイスキー工場の方に向かい、何もない山の中に建っています。

 入口の周りは木が伸びまくり。

 

 建物はかなりの年季を感じます。

 

 玄関前では、ネコがお昼寝中。

  

 館内は、スマホNG。

 受付で料金1050円(高っ!)を払い、無料の貴重品ボックスに財布やらを預け、浴場へ。

 

 お風呂は、岩組の大浴槽が1つ。

 

 内湯なのですが、屋根は元々葦簀だったようで、これが朽ちて、その上に透明のポリカーボネートを被せてあります。

 また壁の一角は、開口して下半分が障子、上は半分は何もなく、半露天といってもいいでしょう。

 温泉は、硫黄+塩化物で白濁・白黒湯の花混。

 

 
 ※HPより

 加温、加水なしの完全源泉掛流し。

 浴感は、キシキシで強烈なオイル臭!

 ここまでのオイル臭は初めてかも?

 カランからもこの温泉が出てきます。

 外の雑木林の緑とセミの声。

 夏を強く感じながらのんびりと楽しむことができました。

 ただ、この朽化した施設に1050円はコスパの悪さは否めませんね。






 ●源泉名   喜連川早乙女温泉
 ●源泉温度 73.4℃
 ●泉質    含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
 ●色      白濁・白黒湯の花混
 ●臭      油臭
 ●味      塩味
 ●料金    大人1050円 小人500円
 ●住所    栃木県さくら市早乙女2114
 ●電話    028-686-4126
 ●HP     http://www.soutome-on.com/
 ●評価    ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

沖縄旅行記 11(お食事処 三笠 久米店)

 沖縄最終日。

 本日は、9:50分発のバニラに乗って帰るだけ。

 しかし、1つ心残りが。

 それはお店で沖縄そばを食べていないこと。

 ということで朝食に沖縄そばを食べよう!

 お食事処 三笠 久米店

 

 24時間営業なので、朝の7時半でも沖縄そばを食べられます。

 

 沖縄そば 650円

 

 かまぼこ、ラフテーがのったオーソドックなスタイル。

 かつおと豚だしがベースのスープといい、麺といいすべてオーソドックス。

 

 かつて食べた、きしもと食堂のそばを超えるお店にはなかなか巡り合えませんね~

 それでも、最後に心残りを解消し、4日間の沖縄の旅は終了。

 何度行っても沖縄は楽しい!

 





 ●住所 沖縄県那覇市久米1-15-3
 ●電話 098-862-8981






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

沖縄旅行記 10(Mr.KINJO ヴィオレット東町)

 沖縄最後の宿はこちら。

 Mr.KINJO ヴィオレット東町

 

 普通のワンルームマンション中心のコンドミニアムスタイルの宿。

 こじんまりとしたフロントには、デスクスペースとフリードリンクサーバー。

 

 

 

 一応の心遣い。

 

 ツインベッドは、マットレスが柔らかく私にはフィットしませんでした。

 

 

 バストイレ別。

 

 

 洗濯機、乾燥機付きで長期滞在も可能です。

 

 窓からの眺めは雑居ビルビュー。

 

 調理道具は、有料レンタルとなるので、夕食はロワジールスパタワー隣のかねひでで買い出してきました。

 

 沖縄最後の夜なので、島らっきょ、海ブドウ、ラフテー、ポーク卵おにぎり、沖縄そば(カップだけど)など沖縄ならではのつまみに泡盛を合わせました!

 明日は早めの出発なので、ゆっくり静かに泡盛をロックで楽しみました。

 




 ●住所 沖縄県那覇市東町19-13
 ●電話 098-943-1431
 ●HP  http://mrkinjo.com/hotel/higashimachi1/






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

沖縄旅行記 9(阿嘉島 慶留間島編)

 一旦、フェリー乗り場に戻り、阿嘉大橋を渡ると慶留間島に到着。

 

 

 こちらは、岩礁に囲まれ有名なビーチがあるわけではなく素朴な島です。

 一本道を突き進むと最後は、堤防のある浜にたどり着きます。

 


 サンゴの有無はわかりませんが、穏やかできれいなビーチなのでここで遊ぶのもいいですね。

 すぐ隣には幼稚園と小学校の合同施設。

 

 こちらは沖縄県重要文化財の高良家

 

 鬱蒼とした森は、ケラマジカ生息地。

 

 気が付けば、帰りのフェリーの出航が気になる時間となり、アップダウンが激しい道を大汗を流しながら、チャリをこぎ再び阿嘉島へ。

 あまりの暑さにたまらず垣花商店に飛び込むと、クーラーがキンキンに効いていて、天国です。

 

 さらに、オリオンで喉を潤し、出航までの時間を微睡みの中で過ごします。

 そうこうしているうちに帰りのフェリーの時間に。

 ケラマ諸島は日帰りで行ける離島ながら、とても魅力ある場所でした。

 次回は、渡嘉敷島や座喜味島など他の島を目指します!

 






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ



沖縄旅行記 8(阿嘉島 ニシバマビーチ編)

 阿嘉島に到着!

 

 フェリー乗り場前には、マリリンに逢いたいのモデルとなったシロの像が。

 

 目的のニシバマビーチまでの交通手段として、レンタサイクルを竜登城という民宿で調達。

 

 4時間800円なり。

 チャリで10分強走るとニシバマビーチです。

 

 手前から3段階に変わる海の色。

 

 

 これが本物のケラマブルー!

 

 感動ものです!

 ゴーグルをつけてシュノーケリング開始。

 すぐに、サンゴ群が表れ青い熱帯魚の群れが。

 

 オレンジのニモも確認できました。

 水中写真はろくなのがなかったのが残念ですが、たっぷり2時間ニシバマビーチを堪能しました。

 残り2時間は、島内サイクリング。

 まずは、島のシンボル、アカテツ(御殿の木)

 

 

 御殿のそばに植えられ島の人に大切にされてきた木だそうです。

 続いて、天城展望台

 

 

 

 ここからの眺めもすばらしい!

 前浜ビーチのハイビスカスが咲く植込みの奥にケラマジカがいました。

 

 前浜ビーチは、フェリー乗り場から歩いて行けるビーチです。

 

 阿嘉島の集落は、沖縄らしさを感じますね~

 










FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ



プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク