FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

白布温泉 中屋別館 不動閣

 米沢8湯の一つ、開湯700年の白布温泉

 茅葺屋根の西屋と並んで、立派な屋根を称える古民家のような宿で立ち寄り湯です。

 白布温泉 中屋別館 不動閣

 シラフのゆ

 シラフのゆ (2)

 本館はすでに消失していて、現在は、別館のみとのことです。

 館内に入るとまず目に付くのが囲炉裏と炬燵。

 シラフのゆ (13)

 さらに、赤絨毯にソファーが古色蒼然な感じ。

 シラフのゆ (3)

 そして、東京オリンピックの時の聖火を灯したトーチが展示されています。

 シラフのゆ (12)

 シラフのゆ (4)

 暖簾には、オリンピック風呂と書いてあります。

 シラフのゆ (11)

 これは???

 脱衣所は、とても広く、掃除も行き届いています。

 シラフのゆ (10)

 お風呂は、内湯のみ。

 内湯は、オリンピックの競泳用プールのように、縦長で、その全長は15mあります。

 シラフのゆ (8)

 命名の由来は、東京オリンピックの年に造ったからとのこと。

 温泉は、無色透明で 白色大型湯の花が大量浮遊した、温泉感たっぷりのお湯です。

 シラフのゆ (5)

 シラフのゆ (9)

 湯温は、やや熱めで、 キシスベ浴感。

 わずかに石膏臭も感じます。

 また、大きくとられた窓からは、白布大滝の下流の渓谷が一望で、内湯ながら解放感たっぷりのいい温泉でした。

 シラフのゆ (6)

 シラフのゆ (7)

 露天もあるようですが、この時期は閉鎖中とのことで、入れなかったのがちょっと残念でした。




 ●源泉名    白布第1号、白布第2号、白布第3号源泉
 ●源泉温度   56.8℃
 ●泉質      カルシウム-硫酸塩温泉
 ●色       無色透明・白色湯の花大量浮遊
 ●臭       微石膏臭
 ●味       無味
 ●料金      大人500円
 ●住所      山形県米沢市大字関町1514
 ●電話      0238-55-2121 
 ●HP       http://www.fudokaku.jp/
 ●評価      ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです



FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

堺屋森のホテル ヴァルトベルク

 開湯伝承1900年の歴史を持つ、温泉地、蔵王の山懐に建つ、チロル風の宿、堺屋森のホテル ヴァルトベルクの温泉レポートです。

 ヴぁると (7)

 ヴぁると 温泉 (2)

 こちらの宿、館内にある内湯・露天の他に、館外に野天風呂をもっています。

 まずは、野天風呂から。

 野天風呂は、5月~9月までの期間限定で開放しています。

 この看板に沿って、森の小道を川に沿って進むと、湯小屋が見えてきます。

 ヴぁると 温泉 (9)

 一応、男女別になっていますが、男湯は、丸見え状態です。

 ヴぁると 温泉 (8)

 中型の石組の浴槽が1つ。

 ヴぁると 温泉 (7)

 注がれるのは、酸性・含鉄・硫黄- アルミニウム硫酸塩塩化物泉

 ヴぁると 温泉 (6)

 源泉に一番近いお風呂ということで、お湯はフレッシュ。
 
 あまり空気を含んでいないのか、しっかり白濁していない、笹濁りの状態です。

 ヴぁると 温泉 (5)

 湯温は適温で快適。

 熱くなったら、目の前の川に足を入れて、クールダウン。

 ヴぁると 温泉 (3)

 夏、川、露天とくればアブが気になりますが、このシチュエーションは最高です。

 続いて館内の大浴場へ。

 ヴぁると 温泉 (20)

 脱衣所は、広さ十分のオーソドックスなスタイル。

 ヴぁると 温泉 (13)

 ヴぁると 温泉 (12)

 内湯は、木間々湯と名付けられた、大浴槽が1つ。

 ヴぁると 温泉 (18)

 ヴぁると 温泉 (17)

 泉質は、野天風呂と同様ですが、内湯はやや熱めです。

 強酸味でやや刺激ある浴感は、温泉感がありとても好きなタイプ。

 ヴぁると 温泉 (19)

 露天のネーミングは、木風

 木々の緑に囲まれた中に、中浴槽が1つ。

 ヴぁると 温泉 (15)

 こちらは、やや温めでいくらでも入っていられます。

 ヴぁると 温泉 (16)

 新緑を抜ける、夏の風が心地よく、リフレッシュできますね。

 ヴぁると 温泉 (14)

 蔵王温泉のパワフルな泉質を十分楽しむことができました。





 ●源泉名  湯左ノ沢1号・2号混合泉
 ●源泉温度 50.9℃
 ●泉質    酸性・含鉄・硫黄- アルミニウム硫酸塩塩化物泉
 ●色      笹濁り 
 ●臭      硫化水素臭
 ●味      強酸苦味
 ●料金    大人300円 小人200円
 ●住所    山形県山形市蔵王温泉清水坂 889-1
 ●電話     0238-57-4800
 ●HP      http://www.takahata-wine.co.jp/
 ●評価     ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

かみのやま温泉 下大湯

 かみのやま温泉には5箇所の共同浴場がありますが、神社の隣にあるこちらの温泉に入浴。

 かみのやま温泉 下大湯

 kamino5.jpg

 下大湯は、1600年代開湯で、かみのやま温泉の共同浴場で一番の歴史ある温泉だそうです。

 入浴前にとりあえず 神社で手を合わせます。

kamino6.jpg

kamino7.jpg

 清めの水はさすが温泉水!

kamino8.jpg

 さて150円の入浴券を買い浴場に。

 脱衣所はこのとおりシンプル。

kamino10.jpg

 お風呂は大浴槽が一つ。

kamino9.jpg

 湯口からは熱い湯と冷たい水が注がれ、加水で温泉調整をしているようです。

 ただし、お湯はオーバーフローの掛け流し。

 壁には上山城と蔵王のお釜が描かれています。

 無色透明無味無臭のクセのない温泉でスッキリと汗を流すことができました。







 ●源泉名    上山温泉1号源泉
 ●源泉温度   63.5℃
 ●泉質      ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉
 ●色       無色
 ●臭       無臭
 ●味       無味
 ●料金      150円
 ●住所      山形県上山市十日町9-30 
 ●電話      023-672-1111 
 ●HP        -
 ●評価      ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)




FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

銀山温泉 大湯

 銀山温泉2湯目は、共同浴場です。

 銀山温泉 大湯

 こちらは、川沿いに建つ歴史的建造物と調和した木造の建物で、木格子が目隠しとなりひっそりとした佇まいです。

 大湯外観

 無人管理につき料金箱に入浴料を投じ、いざ暖簾をくぐります。

 共同暖簾

 浴室内は至って簡素。

 4、5人が入れる石の浴槽が1つのみ。

 パイプからは源泉が注がれ、その分オーバーフローする掛け流し

 oyu.jpg

 豪快な湯使いと苔生したような木感の鄙びれた感じが、いかにも温泉地の共同浴場といった風情です。

 お湯は案の定やや熱めで硫化水素臭が香るしっかりとした温泉で、湯力も満点。

 料金も格安で、訪れる価値ありの公共浴場です。




 ●源泉名    協組2号、3号、4号温泉
 ●源泉温度   60.6℃
 ●泉質      含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
 ●色       透明・湯の花浮遊
 ●臭       微硫黄臭
 ●味       微酸苦味
 ●料金      大人200円 小人100円
 ●住所      山形県尾花沢市銀山新畑南515
 ●電話      - 
 ●HP       -
 ●評価      ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)





FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。


こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

仙峡の宿 銀山荘

 銀山温泉に来たからには、やはり温泉に入って行かなければ。

 そこでチョイスしたのが

 仙峡の宿 銀山荘

 銀山荘外観

 温泉街の入口に建つ鉄筋コンクリートの和風ホテルで、温泉街中心の木造旅館とは一線を画し近代的な建物です。

 フロント、ロビーともにモダンで豪華な造り。

 銀山荘ろびー1

 銀山荘ろびー2

 夜はここで銀山温泉に纏わる昔話を聞かせてもらえるそうです。

 銀山荘ロビー3

 綺麗ながらちょっと殺風景な廊下を進み大浴場へ。

 銀山荘廊下

 暖簾をくぐると脱衣所。

 銀山荘暖簾

 ここも広く清潔で好印象です。

 銀山荘脱衣所

 さて、浴室ですが、内湯はクの字型の大きな浴槽が1つ。

 銀内湯1

 含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉が注がれていますが、加水・加温・循環・消毒と大規模ホテルらしい湯使いです。

 ただ、窓が大きくとられていて、露天、そして外の緑が見えていい感じです。

 銀内湯2

 露天は、青石敷きの大きな浴槽が1つとその1段下に寝湯が配置されています。

 銀露天

 特に寝湯は、やや温めに調節された湯温と浸かりながら川を眺められる設計のおかげで思わずウトウトしたしまう程快適です。

 銀寝湯

 お湯は、透明で湯の花が浮遊。

 浴感はスベスベ感のある美人の湯系。

 この湯に浸かって500円は、かなり良心的といえます。

 銀山温泉といえば歴史ある木造旅館。

 しかし、近代的な中に大正浪漫を取り入れた銀山荘という選択肢があるというのも銀山温泉の強みかもしれませんね



 ●源泉名    協組2号、3号、4号、6号混合泉
 ●源泉温度   61.4℃
 ●泉質      含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
 ●色       透明・湯の花浮遊
 ●臭       微硫黄臭
 ●味       無
 ●料金      500円
 ●住所      山形県尾花沢市大字銀山新畑85
 ●電話      0237-28-2322
 ●HP       http:// www.ginzanso.jp/index.html
 ●評価      ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)



FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。


こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん