FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

黒羽温泉 五峰の湯

 かつての黒羽町、現在は大田原市、旧城下町を見下ろす高台にある総合運動公園の一角にある日帰り温泉に立ち寄りました。

 黒羽温泉 五峰の湯

 

 

 五峰の湯がある大田原市総合交流ターミナルセンターには、農村レストランや大田原市交流促進センター若杉山荘、黒羽運動公園があり、多目的に楽しめます。

 

 さて、五峰の湯ですが、おもて那須手形が使えるので無料で入浴できました。

 五峰の湯の名前の由来は、那須岳・大佐飛山・女峰山・男体山・高原山の五峰が一望できることからなのだとか。

 

 フロント回り

 

 ロビーと休憩所

 

 それでは暖簾をくぐります。

 

 さて温泉ですが、内湯は、半円形の大浴槽+円形のバイブラ浴槽で構成。

 
 ※HPより

 これに高温サウナと水風呂も備えます。

 温泉は、無色透明のアルカリ性単純泉で循環・消毒有りなので全く期待していなかったのですが、まずその浴感にびっくり。

 ヌルスベで天然化粧水のような美人の湯でした。

 湯温は、やや温めなので長湯もOK。

 サウナが混んでいましたが、5回入れました。

 そして、水風呂。

 この水風呂も地下水なのか、肌に刺激がなくとても気持ちいい水でした。

 露天は、八角形の大浴槽が1つ。

 
 ※HPより

 温泉は、内湯同様ヌルスベで温泉感あり。

 GWで入浴客が多かったのですが、湯の汚れも気にならず快適な湯あみを楽しめました。

 



 ●源泉名   黒羽第二源泉
 ●源泉温度  34.1℃
 ●泉質    アルカリ性単純温泉
 ●色     無色
 ●臭     無臭
 ●味     無味
 ●料金    大人500円 小人250円
 ●住所    栃木県大田原市堀之内674
 ●電話    0287-59-7010
 ●HP    http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2013082764959/
 ●評価    ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

秘湯にごり湯の宿 渓雲閣

 塩原温泉の奥地、新湯温泉に建つにごり湯の宿で立ち寄り湯。

 秘湯にごり湯の宿 渓雲閣

 

 

 日帰り入浴は、通常1000円ですが、おもて那須手形で無料入浴です。

 創業三百年、日本秘湯を守る会の宿。

 

 帳場周りは畳の誂え。

 

 和風宿らしい落ち着いたパブリックスペース。

 

 

 それでは、暖簾をくぐります。

 

 脱衣所は、脱衣籠が並ぶ温泉宿スタイル。

 

 

 古いながらもきれいにしてあります。

 日帰り客は、内湯のみの利用となります。

  内湯は、木枠の中浴槽が1つ。

 

 窓からの眺めは、あまり期待できません。

 

 狸が鎮座している湯口からは、透明な硫黄泉を掛け流しで投入。

 

 この温泉は、先ほど見学した硫黄山から引いたもので、空気に触れると白く濁る大好きな泉質です。

 やや苦みを感じ、硫黄の香りとキシスベの浴感は、大自然の恵みに包まれたような気持になります。

 

 

 宿の案内によると、

 「当館の温泉は「乳白色の硫黄泉にごり湯」。しかも国内で10本の指に入る濃い硫黄泉です。 
それでいて、酸性濃度はそんなに強くないので、ピリピリ感がなくお肌に優しいのが特徴です。」
とのこと。

 

 約1時間使っていましたが、この宿の硫黄泉はマイルドなタイプなので、湯疲れしませんでした。

 宿泊すると無料貸切露天風呂も利用できるので、ゆっくりとお泊りできたいと思う良宿です。

 





 ●源泉名   共同噴気泉(なかの湯)
 ●源泉温度  68℃
 ●泉質    単純酸性硫黄泉
 ●色     無色→白濁
 ●臭     硫化水素臭
 ●味     酸味・苦味・微塩味
 ●料金    大人1000円
 ●住所    栃木県那須塩原市湯本塩原37
 ●電話    0287-32-2361
 ●HP    http://www.keiunkaku.com/index.html
 ●評価    ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

塩原温泉ホテル

 365日同一料金、鬼怒川や那須塩原を中心にチェーン展開するおおるりグループの宿、塩原温泉ホテルのレポートです。

 

 

 

 古いホテルが多い塩原温泉にあって、なかなか立派な外観です。

 ロビーには、おおるりグループ共通の赤いソファー。

 

 フロントも普通の温泉ホテルよりやや小さめか?

 

 それでは坪庭を配した廊下を抜けて、元禄浮世絵風呂と銘打った大浴場に入ります。

 

 

 脱衣所はビニール畳敷で浮世絵の壁紙。

 

 内湯は、七角形の大浴槽が1つ。

 

 
 
 こちらのホテル、塩原の中でも門前温泉といわれ、塩化物炭酸水素塩の自家源泉を使用。

 

 

 循環・消毒ながら、ヌルスベ浴感、微硫化水素集となかなかの温泉感。

 保温性も高く結構気に入りました。

 露天は、閉鎖中。

 

 しかし、別の階に眺望露天風呂があるのでそちらに移動。

 簡単な脱衣所から露天へ。

 

 

 

 東屋付きの岩風呂からは、塩原の温泉街と箒川、そして足湯施設、湯っ歩の湯を望みます。

 

 

 やや温湯なので春風に吹かれながら、のんびりと長湯を楽しみました。

 塩原温泉ホテル、おおるりグループと侮ることのできない、いいホテルでした。

 





 

 ●源泉名   温泉ホテルの湯
 ●源泉温度  不明
 ●泉質    ナトリウム-カルシウム-塩化物炭酸塩温泉
 ●色     無色
 ●臭     硫化水素臭
 ●味     無味
 ●料金     -
 ●住所    栃木県那須塩原市塩原630-1
 ●電話    0120-582-854
 ●HP    http://www.ohruri.com/siobara_onsenhoteru.html
 ●評価    ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

那須・板室温泉 いたむろ温泉 百村の湯 ホテル板室

 板室温泉の入口に立地する、こちらの宿。

 GWなのでおもて那須手形が使えるかをフロントで聞いたところ快く受け入れてくれました。

 那須・板室温泉 いたむろ温泉 百村の湯 ホテル板室

 

 

 

 小さなフロントの先を抜けて暖簾をくぐります。

 

 脱衣所は、脱衣籠の棚が並ぶオーソドックスなスタイル。

 

 内湯は、三角に近い台形の中浴槽が1つ。

 

 湯底には大好きな十和田石が敷かれています。

 

 球形の大理石のような湯口からは、やや温めの無色透明でクセのないアルカリ性単純温泉が注がれます。

 

 自家源泉の百村の湯は、那須七湯の1つ、 別名「杖忘れの湯」として知られているとのことで、なかなかの効能があるはずですなのですが、循環・消毒が施されていて残念。

 露天は、屋根付きの岩組浴槽。

 
 ※HPより

 高い処に設けた湯口は、板室温泉神社で祈祷したお札が携えられています。

 
 ※HPより

 内湯よりもさらに温めなので、ゆっくりと長湯を楽しみました。。

 GWなのに割と静かなこちらの宿。

 穴場かもしれませんよ!

 






 ●源泉名   板室温泉(百村の湯)
 ●源泉温度  31.6℃
 ●泉質    アルカリ性単純温泉
 ●色     無色
 ●臭     無臭
 ●味     無味
 ●料金    大人700円 小人300円
 ●住所    栃木県那須塩原市百村3072-26
 ●電話    0287-69-0771
 ●HP    http://www.hotel-itamuro.jp/
 ●評価    ★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

奥那須・大正村 幸乃湯

 那須から板室温泉に続く板室街道に建つ和風旅館で立ち寄り湯。

 奥那須・大正村 幸乃湯

 

 黒い2本の大木が入口の門になっています。

 

 和風の落ち着いた外観。

 エントランス前には、刺激的なモノが祀られています。

 

 帳場の雰囲気を残す受付でおもて那須手形での入浴をお願いすると、ここもGWはNG。

 

 日帰り料金1,000円を支払うことになってしまいました。

 

 お風呂に向かう途中、薪ストーブやここに泊まった多くの著名人の写真が展示してありました。

 

 あの伝説の混浴露天風呂殺人事件の舞台にもなっていたんですね~

 

 ということで暖簾をくぐります。

 

 

 脱衣所は、板張りの床にコインロッカー&脱衣籠と温泉宿の佇まい。

 

 

 内湯は、檜木枠の中浴槽が1つ。

 

 窓の開口が大きく檜の香りが気持ちのいい内湯です。

 

 湯口からは、自家源泉のナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉が掛け流しで注がれます。

 

 キシスベの浴感でクセのないいいお湯です。

 露天は、2つの浴槽があり、1つは鮫川石の湯。

 
 ※HPより

 一段高い場所にあり、内湯に比べるとやや温めの湯温なので、のんびりと入ることができます。

 
 ※HPより

 ここでまったりと過ごした後は、ちょっと刺激を求めて段下の大滝の湯へ。

 
 ※HPより

 大滝の湯は、絡さ4mの打たせ湯が4本。

 これを肩で受けるとかなりの水圧で身体の芯に響きます。

 負傷上がりの右肩ではとても受けきれず、首と背中の辺りで1,2分が限界でした。

 日替わりで、板室温泉名物の綱の湯(立ち湯)も用意されているので、別の日にも来たくなる、湯・施設ともにとても良い温泉でした。

 
 ※HPより

 次回は、おもて那須手形が使える日を狙います。

 





 

 ●源泉名   幸乃湯源泉
 ●源泉温度  49.2℃
 ●泉質    ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉
 ●色     無色
 ●臭     無臭
 ●味     無味
 ●料金    大人700円 小人300円
 ●住所    栃木県那須塩原市百村 3536-1
 ●電話    0287-69-1126
 ●HP    http://www.satinoyu-onsen.com/index.html
 ●評価    ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん