FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

SPA & HOTEL 和

 伝統の黒湯を洒落た雰囲気で楽しめるスパのレポートです。

 SPA & HOTEL 和

 和2

 JR蒲田駅西口から徒歩1分の好立地のこの施設。

 ビルの3階から8階までがスパスペースと宿泊用客室となっています。

 和1

 4階のフロントで手続きをしますが、この日は温泉博士10月号を利用しての入浴なので、1時間コースとなります。

 フロント係の方は大変丁寧でとても気持ちのいい対応でした。

 また、無料なのにタオルセットが付いてきました。

 男性の浴場は1階下りた3階。

 和3

 時間も限られているので急いで暖簾をくぐります。

 和4

 浴室は内湯と半露天風呂で構成されていますが、都内・駅近なのでコンパクトな造りです。

 まずは内湯。

 メイン浴槽は黒湯掛け流しの中浴槽。

 少し油分の浮いた、コーヒーカラーの黒湯はしっとりとした浴感。

 和6 (2) 
 (HPより) 

 刺激も少なくとてもマイルドな温泉です。

 黒湯浴槽の隣には白湯のジャグジー。

 温めの温度設定なので何分でも入っていられます。

 サウナは、この規模の施設にしてはまずまずの広さですが、うれしいのは水風呂。

 といっても、水風呂は源泉温度17.8℃の冷鉱泉を掛け流しで利用しているのです。

 これも真水と違い刺激が少なく、サウナで火照った体を気持ちよくクールダウンしてくれます。

 続いて露天。

 ビルの中なので、露天といっても半露天です。

 注がれるのは内湯同様、源泉掛け流しの黒湯。

 こちらは、一面コーラのようなものすごいで覆われています。

 和5

 この泡がとてもきめ細かくて絹のようななめらかな浴感。

 きっと美肌効果も高いと思います。

 そうこうしているうちにあっという間の1時間。

 この立地でこの施設。

 通常のお値段も1時間1,200円。

 清潔で雰囲気もあって、とても好感の持てるスパでした。

 女性の方にはエステメニューに岩盤浴もあり是非お奨めの施設ですよ♪






 ●源泉名    弘城温泉
 ●源泉温度   17.8℃
 ●泉質      ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
 ●色       黒
 ●臭       無
 ●味       無
 ●料金      5時間 平日2200円 土日祝日2500円 1時間 平日1200円 土日祝日1500円
 ●住所      東京都大田区西蒲田7-4-12
 ●電話      03-5710-2222
 ●HP        http://www.spa-nagomi.com/
 ●評価      ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)




FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村旅行ブログへ
スポンサーサイト



コメント

かまた!??

近っっ!!
うちの隣駅です
こんなとこあるんですねぇ~

SPAブームだなぁ~v-238v-78

こんばんは。
すご~い。。。
クリームみたいな泡ですね。
入ってみたい温泉ですね。
しかもビル内だとは・・・。
お肌にも良さそう。

U子 さん

蒲田といえば黒湯銭湯ですが、
黒湯スパがあったのは私も盲点でした。
スパのあとは、羽つき餃子とビールを
いただきましたよ!

紗英さん

この泡はものすごくクリーミーでした。
肌もすべすべになり、美肌効果も
ありましたよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hirorororo000.blog96.fc2.com/tb.php/863-e6150d48

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ - にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん