赤倉温泉 ホテル太閤(内湯編)

 赤倉温泉スキーの宿として宿泊した、赤倉温泉 ホテル太閤の温泉レポートです。

 ホテル太閤、外観はともかく、館内はしっかり改装された観光ホテルといった印象のホテルです。

 太閤外2

 ここを選んだ1番の理由は、パンフレットのこの写真。

 太閤パンフ写真

 岡倉天心が賞賛したという妙高高原のパノラマを一望できそうな感じですが果たして・・・

 検証すべく暖簾をくぐります。

 太閤のれん

 脱衣所は新しくはありませんが清掃は行き届いています。

 太閤脱衣所
 
 浴室は内湯が1つ、サウナ、そして展望露天風呂といった構成。

 まずは内湯。

 大きくとった洗い場、小さいながらもサウナ付と一応の必要条件は満たしています。

 太閤洗い場

 太閤サウナ

 U字型の大きな内湯に注がれるのは、赤倉温泉の源泉、北地獄谷から引湯した温泉です。

 太閤内湯1

 何といっても特徴は、硫酸塩泉、炭酸水素塩泉と二つの泉質を併せ持つスグレモノということ。

 太閤表札

 無色透明のお湯に黒い湯の花が浮遊し、しっとり感があるやさしい湯触りの美人の湯で、僅かに硫化水素臭もあり温泉感もなかなかのいいお湯でした。

 ちなみに朝には男女が入れ替えとなり、朝入った内湯の浴槽はこんな感じでした。

 太閤内湯4

 太閤内湯5
 
 露天編につづく






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。


こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト

テーマ:湯巡り♪ - ジャンル:旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
なんとなくいい感じの温泉ですね~。
露天はやっぱりあった方がいいですよね。
外の風景をながら、まったりするのって気分が一新できるような気がします。
パンフレットはよく撮れているものですけど、いかがでしたか~?

紗英さん

2つの泉質を合わせ持つ、とってもいいお湯でした。
露天風呂は、続編でレポートします。
果たしてパンフレットのようなお風呂だったのでしょうか?
お楽しみに。
プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク