FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

真名井の湯 岩槻店

 温泉博士11月号を利用して、こちらの温泉に行ってきました。

 真名井の湯 岩槻店

 岩槻外観

 R16沿いに建つこの施設、ゲーセンやクリニックが同居したコラボ施設で、真名井の湯千葉NT店のような和風外観ではありません。

 というのもここはかつて、あけぼの健康ランドという健康ランドだったのです。

 それが真名井の湯系列店に取り込まれたので、純然な真名井仕様ではないというわけです。

 建物の1階部分が駐車場、そして入口です。

 岩槻入口

 入口を入るとすぐに妙な水槽と古びたシューズボックス。

 岩槻シューズ

 そして、雰囲気のない階段を上り2階へ。

 岩槻階段

 2階がフロントになっていて、無料入浴を快く受け付けていただきました。

 さて、浴室内。

 元健康ランドらしく、スペースは広いのですが、壁やタイルの感じが古々しく、垢抜けません。

 内湯はまず目につくのが、水風呂と変わり湯の混合浴槽。

 岩槻1

 その奥にはビューティーホワイト。

 古代ヒノキ風呂には、自家源泉・彩の月温泉が注がれています。

 岩槻2

 さらに古代ヒノキ風呂と並んでジェット、電気風呂。

 その向かいには、高濃度炭酸泉とバリエーションは以外にも豊富です。

 しかし、高濃度炭酸泉は、妙にお湯が濁っていて、髪の毛の固まりが浮遊するなど、ちゃんと循環しているのか?と

 思うほど不潔で気持ち悪く、よろしくありません

 気を取り直して露天へ。

 露天は内湯とは対照的にスペースが狭く手狭です。

 メインは、岩風呂でここにも彩の月温泉が満たされています。

 岩槻3

 アルカリ性単純温泉とはいえ、ヌメリのある浴感はなかなかの好感。

 他には壷湯が2つあるのみと露天はちょっと寂しいですね。

 感想としては、お湯がいいだけに、雰囲気のない施設が残念!

 といっても、建替えるわけにはいかないですよね~




 ●源泉名    彩の月温泉
 ●源泉温度   24.4℃
 ●泉質      アルカリ性単純温泉
 ●色       薄茶色
 ●臭       無
 ●味       無
 ●料金      大人600円 小人300円(土日祝 大人100円 小人50円増)
 ●住所      埼玉県さいたま市岩槻区原町14-1
 ●電話      0487-56-8126
 ●HP       http://ameblo.jp/manainoyu-iwatuki/
 ●評価     ★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)



FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。


こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは。
不潔感っていうのは、マイナスポイントですよね~。
紗英も、髪の毛がいっぱい浮いてたりするともう来たくないな~って思います。
湯の花もイマイチ苦手なんですぅ~。
露天で湯の花を見ると、汚れなのか何なのか区別つかないことがあって。。。
やっぱ温泉は清潔感が一番かなって思います。

No title

紗英さん

>やっぱ温泉は清潔感が一番かなって思います

その通り!
お湯の濁り、毛髪の浮遊、バンドエイドやエレキバンが浮いているなど言語道断ですよね~

湯の花は好きですよ。
でも、湯垢との区別は確かに難しいかも?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hirorororo000.blog96.fc2.com/tb.php/711-16af2d1c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ - にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん