安房自然村 不老山薬師温泉

 南房総ドライブの第2湯目として訪れたのは、安房自然村 不老山薬師温泉

 かつて、竹之内豊・反町隆史のダブル主演で話題となったドラマ、ビーチボーイズの舞台となった布良海岸から、山側に入ったところにある一軒宿、安房自然村の中にある温泉です。

 正すい荘遠景

 日帰り入浴の受付を安房自然村の宿泊施設・正翠荘で済ませ温泉に向かいます。

 正すい荘

 正翠荘の横の小道を森の中に向かって歩きます。

 不老山入口

 不老山案内

 すると、突然洞窟が現れます。

 不老山洞窟 

 その薄暗い洞窟を進むと、コインロッカーと下足入れが。

 不老山洞窟内

 さらに進むと温泉浴室の入口に辿り着きます。

 不老山のれん

 脱衣所は狭く、かなり寂れた印象です。

 不老山脱衣所

 浴室は、内湯1、露天1と極めてシンプル。

 内湯は、洗い場が5つ。

 不老山洗い場

 湯船は、木枠の浴槽で6、7人も入れば一杯という広さで、やや熱めの温泉が満たされています。

 不老山内湯湯口
 
 ここの温泉は、ミネラルや酵素を多く含んだ縄文海泉

 不老山内湯

 薄琥珀色のお湯は、つるつるというよりヌルヌルした浴感で、ややヨード臭も感じられるマイルドな泉質です。

 露天は、ミニジャングル風呂といった様相で、岩造りの浴槽には、蛇口から天然温泉が絶えず注がれています。

 不老山露天湯口

 こちらは、やや温めで、刺激も少ないのでいくらでも入っていられます。

 不老山露天1

 不老山露天2

 他に客もいなかったので、かなりのんびりできました。

 驚いたのは、洗い場の蛇口からも温泉が出てきたこと。

 不老山カラン

 ここは、浴室内すべての水を温泉でまかなっているようです。

 広末涼子も入った?不老山薬師温泉。

 金田一耕介の世界に迷い込んだような、ちょっとした不気味さも味わえる変わった温泉でした。




 ●源泉名    不老山薬師温泉
 ●源泉温度   18.8℃
 ●泉質      温泉法第2条別表中のメタほう酸、メタけい酸、重炭酸ソーダの項目に該当
 ●色       淡琥珀色
 ●臭       無
 ●味       微ヨード、硫化水素臭
 ●料金      大人600円 小人300円
 ●住所      千葉県館山市布良600
 ●電話      0470-28-1111
 ●HP       http://www.awa-shizenmura.jp/
 ●評価      ★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)

FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。


こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク