fc2ブログ

北温泉旅館

 テルマエロマエにも登場した那須の秘湯中の秘湯(上戸彩の実家として登場)

 北温泉旅館

 旅館は、駐車場から400メートル坂を徒歩で下っていきます

 

 しばらく歩くと看板が

 

 そして霧の中から歴史観たっぷりの木造の建物が現れます

 

 

 館内は、まさに古民家状態

 

 


 

 券売機で入浴券を買いフロントに置いてある箱に入れます

 

 従業員は出てきませんが、看板猫がお出迎え

 

 湯治宿の炊事場

 

 館内案内

 

 何はともあれ、薄暗い廊下を進み、名物の天狗の湯に向かいます

 

 簡素な脱衣所

 

 日帰り時間帯、天狗の湯は、男湯になっています

 壁には天狗の面が2つ

 1つは、鼻にタオルが巻かれていますが、もしかしたらポッキリいってしまったのかな?

 

 肝心の温泉は、ドバドバと源泉掛け流し

 

 それと小さな塩ビパイプからは冷水が注がれ、これで湯温を適温に調整しているようです

 

 無色透明、無味、無臭、ツルスベ浴感の湯は、単純温泉でまったくクセのないすっきりした温泉

 天狗に願を懸けているのか、絵馬がいっぱいぶら下がっています

 しずかちゃんもきたんだね

 

 天狗の湯の隣には、打たせ湯が

 

 

 さらにその隣は、宿泊者専用の家族風呂(ここは覗くだけ)

 

 

 続いて河原の湯に

 ここも脱衣スペースは簡素

 

 河原の湯は、露天のみで、東屋付き石造の中浴槽が1つ

 

 湯温は適温、源泉ドバドバ、解放感もあり

 

 河原の湯のネーミング通り、川と滝が同時に楽しめる高ロケーションの湯です

 

 

 温泉は、これだけではありません

 続いて、泳ぎの湯と相の湯に

 泳ぎの湯は、その名の通り、巨大な温泉プール

 

 子供用の滑り台もあり、夏場は楽しめそうですが、小雨に加え湯温も低いので見学のみ

 

 泳ぎの湯の内湯が、相の湯

 

 石造の小浴槽が1つで、プール後の上がり湯的存在

 

 

 ここも湯温は、低めでしたが一応入っておきました。

 霧の中で入る幻想的かつレトロな北温泉、いい温泉でした

 







 

 ●源泉名    天狗の湯、相の湯、芽の湯
 ●源泉温度   56℃(天狗の湯)、49.6℃(相の湯)50.8℃(芽の湯) 
 ●泉質     単純温泉
 ●色      無色透明
 ●臭      無臭
 ●味      無味   
 ●料金     大人700円 小人400円
 ●住所     栃木県那須郡那須湯本151
 ●電話     0287-76-2008
 ●HP     https://kitanoyu.wixsite.com/12345
 ●評価     ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)


 

 


 ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

これを

古民家と言わずして、何を古民家というのでしょうか。
猫ちゃんがお出迎えしている、その下のものは
商家の帳場でしょうか。
炊事場、最高です!湯治場のまんまな姿。
そうでしたか、テルマエロマエ、何度も見ているので
思い出しましたよ。
貴重な記事、ありがとうございます。
またお邪魔します、ひろろろろさん。

天狗が印象的

これは超レトロ!素晴らしいですね。
天狗も堂々と( ´艸`)
テルマエロマエ、実は観ていません_(._.)_
ここまで揃った温泉はなかなかないのでは?

Re: これを

kozoh55さん
帳場の猫ちゃんは、人懐っこくてすり寄ってきました。
薄暗い館内は、黒光りする柱と床で雰囲気のあるいい旅館でした。

Re: 天狗が印象的

BUSYBEEさん
この宿の天狗の湯は、秘湯マニアでは、かなり有名です。
テルマエ・ロマエでは、上戸彩の実家として登場しています。
天狗の鼻にタオルが巻かれていたのがきにります。
プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ - にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク