fc2ブログ

四国ほぼ半周の旅 12(小便小僧・かずら橋・大歩危・小歩危)

 高知旅行4日目。

 本日は、こんぴらさん参りをして道後温泉に行くので、祖谷渓観光は足早に。

 まずは、ひの字渓谷の小便小僧

 祖谷渓の中でV字型に深く切り込んだ絶景の渓谷があり、これがひの字渓谷。

 

 

 この渓谷を眼下に眺める岩の上に設置された小便小僧が絶景スポットになっています。

 

 ガイドブックではよく目にする光景ですが、実際見ると目がくらむ高さ。

 

 内房保田鋸山の地獄のぞきも上回る高低差でした!

 次は、日本三大奇橋の1つ、祖谷のかずら橋

 

 こちらもスリルを味わえるスポット。

 祖谷の粉ひき音頭の碑

 

 かずら橋は、「祖谷に巡行した弘法大師が村人のために作った」「追っ手から逃れる平家の落人が、いつでも切り落とせるようにシラクチカズラで作った」などの由来が残されています。

 

 かずら橋の渡橋料は550円

 怖くなって渡らなくても返金なしです。

 橋は、鉄製のワイヤーにかずらを巻き付けたワイルドな仕上げ。

 渡り板の間隔が微妙に広く、足元からはるか下の渓流が見える上に激しく揺れるのでスリル満点です。

 

 

 

 全長45m、ひょいひょいと渡ってしまう人がいれば、途中で動けなくなってしまう人も。

 私は、スリルを楽しみながらも無事渡り切りました。

 かずら橋を渡るとすぐ目に入るのが琵琶の滝

 

 なかなか豪快で滝壺の手前まですぐ行けて、マイナスイオンをたっぷり吸収。

 

 かつて平家の落人たちがこの滝の下で琵琶を弾き慰めあったのだとか。

 駐車場のあるかずら橋夢舞台ですだちジュースを買い一服して、大歩危・小歩危方面に。

 大歩危・小歩危は2億年の時を経て四国山地を横切る吉野川の激流によって創られた約8kmにわたる渓谷。

 大歩危では、遊覧船で川下りをと思っていましたが時間が押していたので断念。

 大歩危の風景。

 

 大歩危の先は、小歩危でこちらも景色を楽しむに止めました。

 

 時間があればゆっくりトレッキングしたりラフティングもやってみたかったなあ。

 





 

ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

強烈!

こんばんは。
なんとも面白いことを考える方がいたものですね。目も眩むような岩の上にしょうべん小僧。
肝を冷やすような、一歩間違えば危険な絶景。
グランド・キャニオンのホースシュー・ベンドのような蛇行ですが、急峻さと緑では優ってますね。10日ぐらいかけて、じっくり観たい場所のようです。
そしてかずら橋の板の幅:ちょうど牧場の道路の端に設置されている牛などが渡って出られないガードの幅と同じくらいですね。小さな足のサイズだと、人間でも注意しないと危ない幅です。💦
ご紹介ありがとう!

目がくらくら💦

美しい風景写真をありがとうございます。目がくらくらするほど高いのですね。舟に乗って川下りしたいと思いますが、揺れに耐えられそうもありません。いつも想像して頭のなかで楽しんでます。

次の記録で麺がつやつやして美味しそうと思いましたが、これと同等のものを街ナカで提供している丸亀うどんはすっごい頑張っているのですね。

Re: 強烈!

yokoblueplanetさん
小便小僧からの眺めは、写真では表現しきれないスリルがありました。
かづら橋もよく揺れて、こちらもスリル満点でした!

Re: 目がくらくら💦

BUSYBEEさん
祖谷渓の景色は、素晴らしかったです。
大歩危の流れもかなり速そうで、船は揺れたかもしれません。
讃岐うどんは、もっと食べ歩きたかったです。
プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ - にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク