FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

乳頭温泉郷 大釜温泉

 霧の中に現れたノスタルジックな黒い木造建物。

 乳頭温泉郷 大釜温泉

 

 

 

 本庄市の子吉小学校の校舎をこの地に移築し、温泉宿として営業しています。

 

 学校といえば二の金ですがこれは後付けっぽい。

 

 宿の前には夏場限定、樽桶を使った足湯が。

 

 フロント周りは、質素な山の宿って感じ。

 

 校舎の名残を感じる廊下を通り、大浴場の暖簾をくぐります。

 

 脱衣所の脱衣籠がすべて違うのは、間違い防止のため?

 

 内湯は、10人強はゆったり入れる大きさで、石張りの木造の湯小屋です。

 

 湯口からは、灰色に濁った単純硫黄泉(酸性含ヒ素ナトリウム塩化物硫酸塩泉)が注がれます。

 

 

 そもそも源泉温度が高いので、加水で温度調節をしているのですが、湯温は45℃はありそうなあつ湯でした。

 肩まで浸かり、5、6分で汗が噴き出してきます。

 加水用の湧水を頭からかぶると鮮烈な冷たさが気持ちいいです。

 湯底には、石板が敷き詰められていますが、その上に温泉成分の泥が堆積していて、泥パックができます。

 露天は、東屋付中浴槽が1つと小さな浴槽が1つ。

 

 問題は、この中浴槽で何気なく足をつけたら熱いのなんの。

 
 
 熱湯風呂でどうやっても入ることができませんでした。

 小さな方は、ぬる湯でこれはいくらでも入っていられますが、やはり大きい方に入りたかった。

 

 せっかく良泉質の温泉、温度調節をしっかりとしてほしいと思わざるを得ませんね。
 

 



 

 ●源泉名    大釜温泉
 ●源泉温度   94.7℃
 ●泉質     単純硫黄泉
 ●色      灰濁り
 ●臭      微硫化水素臭
 ●味      酸苦味
 ●料金     600円
 ●住所     秋田県仙北市田沢湖田沢字先達国有林
 ●電話     0187-46-2438
 ●HP     http://ookama-onsen.jp/
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト



コメント

No title

趣のあるところですね。
そしてたいへん熱いようで!
長く入るの厳しいようですね…(^_^;)

乳頭温泉郷 大釜温泉

>そもそも源泉温度が高いので、加水で温度調節をしているのですが、湯温は45℃はありそうなあつ湯でした。

〇お風呂の古い感じがいいですね。まさに山奥の秘湯。
  このような雰囲気、大好きです。
 しかし秘湯のせいか、お湯が熱すぎるとは!こういう経験、私もあります。
 草々

No title

ジャムさん
学校を移築した宿なので趣に関してはすごくありましたよ。
熱湯風呂は、流石に入れず残念でした。

ささげくん
訪問&コメありがとうございます。
湯底に泥が堆積した内湯の秘湯感は、なかなかのものです。
都内の激熱銭湯で鍛えていても、露天の熱湯風呂には足をつけたのみで入ることはできませんでした(笑)

いや~

45℃の風景はどんなだったんでしょう。
6分入れるということ自体凄すぎませんか?
そして更に熱くて入れない湯があったとは、、、、
なんというか、『熱さの学校』ですね、これは。
いつも貴重な記事をありがとうございます。
またお邪魔します、ひろろろろさん。

Re: いや~

kozoh55さん
45℃は、下町の銭湯なら時々あるので、辛うじて耐性があったのかもしれませんね。
熱湯風呂は、論外でした(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hirorororo000.blog96.fc2.com/tb.php/1900-3f9d44e6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん