FC2ブログ

玉川温泉

 秋田県仙北市の十和田湖八幡平国立公園内に建つ療養を目的とした湯治宿、玉川温泉のレポです。

 

 玉川温泉の歴史は、1885年に鹿湯という湯治場が始まり。

 強烈な酸性線は、がんなど難病に効くとの触れ込みで多くの湯治客が訪れます。

 建物は、旅館部、自炊部、温泉棟、売店などから成っていて内廊下で繋がっています。

 

 

 

 

 旅館部入口前では、ナマハゲがお出迎え。

 

 大浴場の手前は、休憩用の長椅子、水のサーバー、ビール自販機にテレビが置いてあり、テレビのない自炊部の人たちは、ここでビール片手にナイターを楽しんでいました。

 

 それでは暖簾をくぐります。

 脱衣所のマットは、長期滞在者が曜日感覚を取り戻すために木曜日の木の字が。

 

 浴室は、木造で内湯のみです。

 

 まずは、向かって左側の源泉50%の浴槽に。

 

 酸性泉に慣れるためにゆっくりと肩まで浸かります。

 続いて玉川温泉のメイン、源泉100%の浴槽に。

 

 強酸性の湯は、肌への刺激が強く、ピリッとくる感じですが、その成分の濃さからかトロミもあります。

 口に含むとここまでの酸味は初めて。

 顔などを擦ると肌荒れしてしまうのでなるべくお湯の中では動かないように、じっとしています。

 湯温はやや低めの設定で、キシスベの浴感。

 相当の効能が期待できそうです。

 10分ほど浸かったら一旦、体を流して他の浴槽へ。

 源泉50%の熱湯とぬる湯

 

 源泉50%の気泡湯と弱酸性の湯

 

 後生掛温泉にもあった、箱蒸湯もあり、たっぷりと汗をかきました。

 

 効能たっぷりの強酸性泉を堪能した後は、これも玉川名物、岩盤浴に。

 玉川温泉といえば、玉川温泉自然研究路の先にある自然岩盤一体にゴザを敷いて横になり体を温める温熱浴(岩盤浴)が有名ですが、雨だったことと時間がないことから断念し、館内の岩盤浴を体験。

 館内の岩盤浴は、予約制なのですが19:30以降はフリーとなります。

 

 岩盤の温度は、SPAの岩盤よりやや高めで、ゴザを敷いて温まります。

 

 ここで、30分ほど寝てしまいましたが気が付くと物凄い汗をかいていて、再び大浴場に直行となりました。

 玉川温泉の強酸性泉は、肌あれなどを起こす人が結構いるそうですが、私は1泊2日で3回入りましたが、大丈夫。

 今回は1泊でしたが、玉川の湯の真の効能を感じるには数日以上の滞在が必要かもしれませんね。

 







 ●源泉名    玉川温泉(大湯)
 ●源泉温度   97.3℃
 ●泉質     塩化物泉、二酸化炭素泉、含鉄泉、酸性泉(酸性-含二酸化炭素・鉄(II)・アルミニウム-塩化物泉)
 ●色      灰濁り
 ●臭      酸臭
 ●味      強酸味
 ●料金      -
 ●住所     秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢
 ●電話     0187-58-3000
 ●HP     http://www.tamagawa-onsen.jp/
 ●評価     ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク