FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

高湯温泉 安達屋(再訪) 不動の湯・姫の湯・大気の湯

 今年も高湯のにごり湯に浸かってきました。

 高湯温泉 安達屋

 

 もう何回目の宿泊になるのか?

 何度訪ねてもいい宿です。

 純和風の落ちついた外観。

 

 玄関周りの設えもおしゃれです。

 

 

 敷地内には、心身全ての病を救うといわれてる霊泉を祀った薬師堂が。

 

 ロビー奥のノスタルジックなムードのラウンジでは、コーヒーやお茶、ジュースなどが自由にいただけます。

 

 館内には、郡山市の伝統工芸品、三春駒が飾られています。

 

 お風呂は、不動の湯(男湯の内湯)、姫の湯(女湯 内湯+露天)、大気の湯(大露天風呂)と薬師の湯(貸切風呂)がありますが、本日貸切につきすべて自由に入れます。

 

 ということで、姫の湯から。

 

 脱衣場は、女湯らしく、かわいい演出。

 

 

 内湯は、木造で趣ある造り。

 

 

 温泉成分がびっちりと着いた湯口からは、フレッシュな硫黄泉を掛け流しで投入!

 

 露天は、石組の中浴槽が2つ繋がっています。

 

 手前は、やや熱め。

 

 奥は、やや温めで寝湯になっています。

 

 続いて、不動の湯に移動。

 こちらは、男性用内湯。

 石枠、長方形の中浴槽が1つ。

 
 
 

 欧風デザインの湯口からも、贅沢な源泉掛け流しです。

 

 大気の湯は、安達屋の象徴。

 大露天風呂に湯小屋のオブジェ、秘湯感たっぷりの景観です。

 

 手前から、寝湯

 

 打たせ湯・洞窟風呂

 

 そして、広大な露天へと展開。

 

 2本の湯口から卵臭たっぷりの硫黄泉が注がれる圧巻の露天!

 

 このあたりは、やや熱めで、キシスベ浴感。

 

 当然のことながら、湯上りは、全く汗がひききません。

 さっぱりした後は、夕食と貸切の薬師の湯のレポです。

 




 

 ●源泉名    湯花沢3番、5番、6番、高湯26番滝の湯合併
 ●源泉温度   46.3℃
 ●泉質     酸性-含硫黄-アルミニウム・カルシウム-硫酸塩温泉
 ●色      白濁
 ●臭      微硫化水素臭
 ●味      強酸味
 ●料金       -
 ●住所     福島県福島市町庭坂字高湯21
 ●電話     024-591-1155
 ●HP       http://www.adachiya.jp/gensen.stm
 ●評価     ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト



コメント

No title

いい!いいです!!ここ!!!
好みのタイプです(*^^*)
紹介ありがとうございます。

よんよんさん
私もこの温泉、大好きですっかりリピーターです。
温泉も食事も私の好みを捉えたいい宿。
是非、遠征してほしいです!

こんなにも

素敵な温泉、素敵な宿があるのですねえ、
いやー感動しました。
温泉も古きも新しきもそれぞれに趣があって
湯自体の本物温泉ぶりもたまりませんね、
川の流れのようにも見える贅沢さ、
ひろろろろさんが毎年欠かさず訪問する宿って
さすがにすごいです。
貴重な情報ありがとうございます。
またお邪魔します。

Re: こんなにも

kozho55さん
こちらのお宿、泉質、湯使い、雰囲気どれをとっても私的には完璧に好みです。
それと料理も美味しいです。
また、来年も行けたらいいな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://hirorororo000.blog96.fc2.com/tb.php/1882-e1dde142

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん