柴又帝釈天を散策!

 映画「男はつらいよ」の舞台、葛飾柴又を散歩してきました。

 まずは、駅前の寅さんにご挨拶。

 柴又 (2)

 情緒ある参道を、帝釈天に向かって歩きます。

 柴又 (17)

 参道の両脇には、興味深いお店が一杯。

 多くの参拝客で賑わっています。

 人ごみの先に、見えるのが二天門

 柴又 (16)

 入母屋造瓦葺の楼門です。

 柴又 (15)

 手を清め境内へ。

 柴又 (12)

 境内の中央には、帝釈堂が。

 柴又 (14)

 柴又 (11)

 帝釈堂内殿の入り口付近には、十二支をはじめ龍などの見事な彫刻が施されています。

 柴又 (8)

 柴又 (7)

 この渡り廊下の先は有料の彫刻ギャラリーです。

 柴又 (9)

 渡り廊下の上部にも見事な彫刻が。

 柴又 (10)

 参拝を済ませたあとは、参道のお店を物色します。

 だんご屋さんの高木屋老舗

 柴又 (5)

 煎餅も売ってます!

 柴又 (4)

 亀戸の名店、船橋屋は、くず餅が有名。

 柴又 (3)

 というわけで、買ったお土産は、帰ってすぐにいただきました。

 柴又

 高木屋さんの草団子は、ヨモギの香りと甘さを抑えた餡子がとても上品な組み合わせ。

 同じくお煎餅は、パリッと香ばしく焼きあがっています。

 そして、船橋屋のくず餅。

 弾力のあるモッチモチの食感、そしてたっぷり黄粉と黒蜜。

 下町スイーツは最高でした!







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

帝釈天といえば

こんなにも美味しいものがたくさんあるのですよね。
改めてひしひしと、そうです、私も食べたくなった
次第です。
草団子の素朴な美味しさ、クズ餅も、、食べたくなりました。
亀戸にまずは行きますか。
帝釈天は、彫刻が美しいですよね。
今回のあの写真、確か有名なお話がある作品でしたよね。
思い出せないのが残念。
おばんです、ひろろろろさん、また、お邪魔します。

Re: 帝釈天といえば

kozoh55さん

くず餅に草団子、どれも添加物など無縁の
素朴なおいしさです。
彫刻は、本堂の周りは十二支、
そして法華経の説話が描かれています。
プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク