fc2ブログ

北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 20(豚丼のぶたはげ)

 北海道旅行、最後のご飯はここで!

 豚丼のぶたはげ

 

 帯広駅ビル、エスタ帯広にある豚丼店

 豚丼は、言わずと知れた帯広名物

 注文は、豚丼(980円)

 

 中厚の豚肉は、炭火で焼いてありタレが焦げるおいしそうな香りを纏っています

 

 特にタレがおいしいのですが、これは70余年継ぎ足された伝統の味

 この甘辛く香ばしいタレが絡むごはんも最高!

 旅の最後にようやく食べることができ、満足です。

 後は、帰途に就くだけ

 これにて、北海道の旅は終了です!

 

 

 

 ●住所 北海道帯広市西2条南12‐9帯広駅エスタ帯広西館
 ●電話 0155-24-9822

 

 




ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト



北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 19(六花亭 本店)

 北海道最終日は、ロングドライブと2湯入湯とハードスケジュールで朝から飲まず食わず。

 本日最初の食事がここ

 六花亭 本店

 

 お土産を買うのがメインだったのですが、空腹に耐えきれずスイーツを購入

 イートインでいただきます

 サクサクパイと六花の森ヨーグルト

 

 サクサクパイは賞味期限3時間、サクサク食感にこだわったパイ

 

 中の生カスタードの甘さも程よく、サービスのコーヒーに合います

 六花の森ヨーグルトは、菌の選定から自社で行って作ったこだわりの逸品。

 

 生クリームのように濃厚なのに後味スッキリというスイーツでした。

 




 

 ●住所 北海道帯広市西2条南9丁目6
 ●電話 0155-24-6666
 ●HP  https://www.rokkatei.co.jp/

 








ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


ぬかびら源泉郷 温泉公園 足湯

 ぬかびら源泉郷の中央にある足湯

 ぬかびら源泉郷 温泉公園 足湯

 

 この場所はかつて大雪グランドホテルの廃墟跡

 環境省が再整備を行い、足湯を造りました。

 

 湯底には玉石が埋め込まれ、足つぼを刺激しながら熱めの湯に浸かれば足の疲れも癒されます。

 ただ、夏日だったので、長く浸かると全身汗だくです。

 






 
 ●源泉名    糠平中央園地
 ●源泉温度   54.8℃
 ●泉質     ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
 ●色      無色透明
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金     無料
 ●住所     北海道河東郡上士幌町字ぬぬかびら源泉郷北区(温泉公園内)
 ●電話      -
 ●HP      https://www.kamishihoro.jp/place/00000120
 ●評価      ★★
(評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


糠平館観光ホテル

 大雪山国立公園内のぬかびら源泉郷に建つ老舗ホテルで立ち寄り湯

 糠平館観光ホテル

 

 外観は、かなりくたびれていて、なおかつ観光ホテルとつくと団体客相手といったイメージがあり、心配しながら入館

 ロビーは山小屋風で、マントルピースが

 

 フロント周り

 

 コーヒーラウンジ

 

 この階段の上は宴会場?

 

 提灯の感じが団体客向け感たっぷり

 温泉は、館内の大浴場と屋外の混浴大露天風呂から成っています

 まずは、館内の大浴場から

 

 脱衣所は、広さ十分、棚に籐籠のみと意外とシンプル

 

 内湯は、石枠の大浴槽が1つ

 

 

 注がれるのは、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉の自家源泉

 加水のみで加温、循環、消毒なしの掛け流しで、この手のホテルとしては最高の湯使い

 ツルツル浴感で無色透明、無味、無臭とまったくクセのないスッキリ系温泉です

 この他、サウナ、水風呂も完備

 サウナは3人程度しか入れませんが、貸し切り状態だったので快適

 水風呂は、1人用

 

 地下水利用のため、低刺激で肌に馴染むいい水風呂

 しっかり3セッで整いました

 露天は、十勝芽登石を使った東屋付き中浴槽が1つ

 

 眼前に迫る森を見ながら森林浴気分で湯浴みを楽しみます

 

 マイナスイオンと掛け流し温泉を同時に浴びる至福の露天です

 一方、混浴大露天風呂ですが、館外に出て40段の階段を降りたところに仙郷の湯があります。

 

 

 仙郷の湯は、東屋付岩風呂が1つ。

 

 森林の中にぽつんとある野趣溢れる露天風呂

 

 湯温は、適温なので木々が風になびく音や鳥の声を聴きながら掛け流し温泉を満喫

 ネーミングと外観からあまり期待していなかったホテルでしたが、改装を重ね、清潔で気持ちの良い施設でした。

 湯使い、泉質もよくおすすめできる温泉です。

 

 



 

 ●源泉名    糠平館観光ホテル
 ●源泉温度   59℃
 ●泉質     ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
 ●色      無色透明
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金     大人1,000円 小人500円
 ●住所     北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷北区52-3
 ●電話     01564-4-2210
 ●HP      http://www.nukabirakan.com/
 ●評価      ★★★
(評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ



北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 18(タウシュベツ川橋梁)

 糠平湖にある、旧国鉄士幌線のコンクリート製アーチ橋を見学

 タウシュベツ川橋梁

 

 糠平湖に沈んだタウシュベツ川橋梁は、渇水期のみに現れます

 道路から森の中の小路を進むと展望スポット

 

 といってもかなり遠いのでスマホではこれが限界

 上士幌町観光協会のHPをみるとこんなレトロな眼鏡橋だったんですね~

 

 






 ●住所 北海道川東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷

 







ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ



幌加温泉 鹿の谷

 層雲峡からR273で糠平温泉の手前を分け入った秘湯で立ち寄り湯

 幌加温泉 鹿の谷

 

 かつては、いくつかの湯宿があったようですが今は廃墟となり、鹿の谷のみ営業を続けています。

 廃墟

 

 

 ロビースペースには一応、テーブルセットがありますがあまり座りたくなりません。

 

 とりあえず暖簾をくぐります。

 

 脱衣所は、棚に籐籠のみと至って簡素

 

 内湯は、手前から3つの中浴槽が並び、一番奥に打たせ湯の浴槽があります。

 

 ここの売りは4つの源泉をすべて掛け流しで使用していること

 一番手前がナトリューム泉

 

 コンクリート浴槽にやや青みがかった40℃の源泉が掛流されています

 石膏臭、微苦味でかなり成分が強い感じです

 続いて鉄鉱泉

 

 透明度のある薄茶色の湯は、金属味、金属臭で湯温は、42℃

 さらに隣は、カルシューム泉

 

 青白い温泉は、44℃と熱め設定

 これら3つの湯を、交互に入り比べることができる温泉天国

 さらに内湯には、打たせ湯があり、これは硫黄泉

 

 控えめながら硫化水素臭があり、キシキシの浴感が気持ちいい浴槽です。

 カランはなく、パイプから流れる温泉を金桶で受けこれを使うようです。

 

 露天は、もう野天

 
 ※北海道ナビHPより

 野趣満点のロケーションで湯は硫黄泉

 夏の露天の天敵、アブが多くあまりゆっくり入っていられませんでしたが、アブのいない夜は、きっと満天の星空の中、湯浴みを楽しめると思います。

 これだけの良泉を一度に楽しめる贅沢な秘湯を堪能しました。

 





 

 
 ●源泉名    幌加温泉
 ●源泉温度   70℃
 ●泉質     ナトリウム泉・鉄鉱泉・カルシウム線・硫黄泉
 ●色      青白・透明(ナトリウム泉・カルシウム線)
         薄茶・透明(鉄鉱泉)
         薄黄色・透明(硫黄泉)
 ●臭      石膏臭(ナトリウム泉)
         金属臭(鉄鉱泉)
         無臭(カルシウム泉)
         微硫化水素臭(硫黄泉)
 ●味      微苦味(ナトリウム泉・硫黄泉)
         金属味(鉄鉱泉)
         無味(カルシウム泉)
         苦味(硫黄泉)
 ●料金     600円
 ●住所     北海道河東郡上士幌町幌加番外地
 ●電話      0156-4-2163
 ●HP      -
 ●評価      ★★★
(評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)







ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 17(銀河・流星の滝)

 旭川から糠平に向かう途中、層雲峡を通ります。

 層雲峡温泉に入りたいところですが、時間の関係で割愛

 景勝地といわれる2つの滝は見ていきましょう

 銀河・流星の滝

 石狩川沿いに続く断崖絶壁を流れ落ちる美しい滝で、日本の滝百選にも入っています

 流星の滝

 

 男滝と呼ばれ、約90mの落差を激しく流れ落ちています

 

 銀河の滝

 

 女滝と呼ばれ、120mの落差を水が白糸のように穏やかに落ちます。

 

 遠目ではありましたが、涼をいただきました。

 






 ●住所 北海道上川町層雲峡

 

 



 
ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ



北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 16(比布駅と比布神社)

 比布といえばエレキバンで一世風靡した場所

 ルート上なので寄ってみることに

 比布駅

 

 

 比布町とピップ株式会社は、相互応援大使活動を行っており、駅前にはこんな顔出し看板も

 

 続いて、比布神社

 

 手水舎

 

 社殿

 

 縁結びのご利益があるとのことで、境内にはむすびの石があります

 

 比布という言葉は、アイヌ語で「石の多いところ」という意味があり、このむすびの石にパワーがあるとされています。

 

 小さいながらも立派な社殿、縁結びのパワースポットとして見応えのある神社でした。

 

 



 ●住所 北海道上川郡比布町新町4-20-2











ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 15(忠類湖望郷広場)

 北海道旅行4日目

 しきしま荘をチェックアウトし層雲峡→糠平→帯広のルートで進みます

 その途中、忠類ダムを見ることができそうなので寄り道

 忠類湖望郷広場

 

 展望広場かと思ったら、望郷広場でした

 

 故郷が忠別ダムの底に沈んでしまった方々の故郷を忘れない気持ちを、残そうというコンセプトで作られた場所です。

 一応、忠類湖を見ることができました。

 

 

ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


天人峡温泉 御やど しきしま荘

 大雪山国立公園、忠類川沿いに建つ実質一軒宿

 天人峡温泉 御やど しきしま荘

 

 

 天人峡温泉は、1894年に忠別川での鉱物探索中に発見され、1897年に発見者の名前を付けた松山温泉として開設。

 その後、1937年に現在の名前になったとのこと。

 かつては3軒の宿がありましたが2軒が閉館、現在は、しきしま荘のみ営業しています。

 フロント、ロビーは小さい宿らしくコンパクトながら和の雰囲気がありいい感じです。

 

 

 それでは暖簾をくぐります。

 

 大浴場は、総檜造りと大理石造りの2つあり、時間で男女入れ替えとなります。

 まずは、総檜造りの浴室から

 浴室内入ると檜の香りが立ち込めます

 この香りには、抗菌・リラックス効果がありコロナ渦ではとても癒されます

 内湯は、檜造りの中浴槽が1つ

 

 旧泉質でいうところの含土類・食塩-芒硝泉で、そもそも無色透明の湯が空気にあたり黄金色に変化します

 土の臭い、微塩味の本格的な源泉を掛け流しで使用

 

 タイル絵は、天人峡渓谷の羽衣の滝

 露天は、東屋付き石造り小浴槽が1つ

 

 ここからは、眺めが最高

 壮大な天人峡の柱状節理が一望でき、開放感があります

 

 続いて、大理石造りの浴室

 モザイクタイルは、天人峡の柱状節理を表現しています。

 

 内湯は石枠中浴槽が1つ

 

 浴槽は、温泉成分で茶色く染まっています

 

 大理石造りの湯は、窓が大きく採られ明るい光が差し込みます

 露天の湯は、黄金の内湯に比べ灰濁りに見えます。

 

 

 小さい宿なのでいつ入ってもほぼ貸し切り状態で楽しむことができました!

 それと、宿から数十メートル行った忠類川沿いに、しきしま荘が管理する天女の足湯があります

 

 湯温は、適温で登山客が利用していました

 

 天人峡温泉、最後の湯宿

 最高の温泉を守っていっていただきたいものです

 


 

 

 ●源泉名    天人峡第一号泉
 ●源泉温度   44℃
 ●泉質     ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
 ●色      無色透明→黄金色
 ●臭      微土臭
 ●味      微塩味 
 ●料金     大人800円 小人500円
 ●住所     北海道上川郡東川町天人峡温泉
 ●電話      0166-97-2141
 ●HP      https://www.sikisimasou.jp/
 ●評価      ★★★
(評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


北海道 サウナと秘湯とB級グルメの旅 14(天人峡温泉 御やど しきしま荘)

 北海道旅行3日目は、ここに泊まります。

 天人峡温泉 御やど しきしま荘

 

 忠別川の源流にある秘湯

 かつては3軒のホテルがありましたが、2軒が閉館し、しきしま荘1軒のみが営業しています

 小規模ながらキレイな外観

 

 部屋に続く廊下も和テーストでいい雰囲気

 

 部屋は、8畳の和室で布団がセット済み

 

 テレビ、冷蔵庫、金庫など必要なものはそろっています

 

 洗面

 

 トイレ

 

 とてもキレイな部屋で快適に過ごせます

 今回は、素泊まりなので、食事は持ち込み

 風呂上がりのサッポロクラッシックの肴は、旭川で買ってきた寿司と豆腐

 

 寿司は、回転寿し店、トリトン旭神店でテイクアウト

 

 ホタテ、イクラ、とびっこは、ネタがたっぷり・新鮮

 

 海老はプリプリで甘く、ホッキもうまいです

 

 極めつけはネタのデカさ!

 

 シャリをネタで巻いています

 

 中トロもサーモンも新鮮、さすが北海道の人気店です

 そして豆腐

 

 東川町の宮崎豆腐店の木綿半丁

 北海道産大豆100%、国産にがり使用、旭岳の伏流水使用の手作り豆腐です

 しっかりとした硬さで甘みと大豆の香りが強い豆腐でした。

 素泊まりでも、十分楽しめる良宿です。

 





 

 ●住所 北海道上川郡東川町天人峡温泉
 ●電話 0166-97-2141
 ●HP https://www.sikisimasou.jp/

 

 



ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


旭川旭岳温泉 湯元 湧駒荘

 大雪山国立公園内にあり、旭岳ロープウエー乗り場に近く登山・トレッキング客にも利用しやすい宿

 旭川旭岳温泉 湯元 湧駒荘

 

 温泉も本格的で、1914年に発見され、1950年に湯宿が建設、廃業後の1997年に湧駒荘がオープンし、良泉を守り続けています。

 

 ロビーは吹き抜けになっていて、石を積み上げた暖炉が象徴的

 ソチ五輪 銀メダリストの竹内選手の企画でスノーボードを展示

 

 

 

 剥製達もお出迎え

 

 暗めの照明が山小屋の雰囲気を醸します

 それでは暖簾をくぐります

 湧駒荘は、源泉を5つ持ち、17の湯舟すべてすべてそのまま掛け流しという贅沢温泉

 
 ※HPより

 日帰り入浴は、本来、別館の神々の湯なのですが、改装中ということで本館の宿泊者用に入ります

 本館には、ユコマンの湯とシコロの湯の2浴場があり、時間で男女入れ替え制となっています

 この時間の男湯は、シコロの湯

 内湯は、シコロ(キハダ)の木でできた浴槽が3つ

 
 ※HPより

 炭酸水素塩泉の浴槽

 
 ※HPより

 
 ※HPより

 泡付きはイマイチですが40℃弱のぬる湯設定で長湯できます

 芒硝泉の寝湯

 灰濁りで37℃のぬる湯

 浴槽の縁は成分が沈殿してざらついています

 
 ※HPより

 この隣合わす2つの浴槽での交互浴がお薦め!

 
 ※HPより

 石膏泉の浴槽は、41℃と適温、笹濁りの湯は、石膏臭とキシスベ浴感のさっぱり系

 露天は、東屋付岩風呂が1つと、屋根なし岩風呂が1つ

 屋根付きが34℃、屋根なしが39℃とどちらもぬる湯設定

 
 ※HPより

 ここに注がれる源泉は、石膏泉で苦味があります

 とにかく立ち寄り湯では、この宿のすべてを味わうことは不可能

 宿泊して、ユコマンの湯、神の湯も併せた17の浴槽を制してみたいです。

 




 <芒硝泉>
 ●源泉名    旭岳温泉2号孔
 ●源泉温度   56.3℃
 ●泉質     ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉
 ●色      灰濁り
 ●臭      無臭
 ●味      無味 
 <石膏泉>
 ●源泉名    旭岳温泉23号孔元湯
 ●源泉温度   45.1℃
 ●泉質     カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉
 ●色      笹濁り
 ●臭      石膏臭
 ●味      微苦味 
 <炭酸水素塩泉>
 ●源泉名    旭岳温泉 24号孔 元湯
 ●源泉温度   45.1℃
 ●泉質     カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉
 ●色      無色透明
 ●臭      無臭
 ●味      無味 
 ●料金     大人1500円  小人750円
 ●住所     北海道上川郡東川町勇駒別旭岳温泉
 ●電話      0166-97-2101
 ●HP      https://www.yukoman.jp/spa/index.html#anchor01
 ●評価      ★★★
(評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

千葉県発!温泉・スパ銭・湯〜ライフ - にほんブログ村

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク