FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

のだ温泉 ほのか

 かつては東武が経営していた潮の湯

 閉店後は、グランローザ潮の湯となり、これも閉店。

 そして、2016年12月に北海道の事業者が、のだ温泉 ほのかをオープンしました。

 

 私は、潮の湯以来の訪問となります。

 外観は、蘇我の「ほのか」と共通のアジアンテーストを散りばめたデザイン。

 

 内装もバリをイメージさせる装飾。

 

 料金は、平1,200円ですが、これに入浴料、岩盤浴、タオル・館内着がセットされているのでかなりお得です。

 それでは暖簾をくぐります。

 

 脱衣所は、ロッカールームと洗面スペースが分かれています。

 

 浴場内は基本、前施設と同様ですが、多少手が加えられています。

 まずは露天から。

 露天は、源泉掛け流しの大浴槽とかわり湯の2つに壺湯で構成。

 掛け流されている温泉は、自家源泉の潮の湯。

 

 その名のとおり、古代海水の塩辛い、所謂、熱の湯。

 湯温は、42度程度の適温で良く温まります。

 ここには、テレビが設置されています。

 この日のかわり湯は、北海道十勝川温泉が代表のモール泉で、やや温めの設定でした。

 内湯は、循環温泉の大浴槽が中心。

 これに、音波の湯と銘打った白湯の温湯を配置。

 この温湯が気持ちよく、いくらでも入っていられます。

 それと一段高い場所に大きくとられた水風呂も特筆すべき点。

 これだけ水風呂にスペースを割いている施設は、そうありません。

 サウナは、前のままのようで板の傷みが目立ちます。

 洗い場も広く、いい感じで改装できたという印象。

 さて、湯上りは、食事処でキンキンに冷えたスーパードライで喉を潤します。

 

 

 あまりの美味さに2杯飲んでしまいました。

 その後は、お休み処へ。
 
 休憩スペースも多く採られていています。

 リクライニングコーナー、マンガ完備

 

 

 ソファーコーナー

 

 寝ころびコーナー

 

 PCコーナー

 

 などなど

 さらに岩盤浴へ。

 岩盤浴は、1、2Fに設置され、それぞれに女性専用も配しています。

 メインは、1Fの「炉」

 

 フィンランドサウナをイメージした岩塩浴で、ロウリュウタイムもあるので、すぐに大汗をかけます。

 

 この他にも、ブラックストーンやピンクソルト岩塩浴など9種類あり、すべてを回るのは大変です。

 1,200円で1日ゆっくり過ごせる施設で、いい感じでリブランドに成功したと感じました。

 埼玉のお風呂カフェが人気ですが、ここも負けていませんよ。

 







 ●源泉名   花井温泉
 ●源泉温度  46.7℃ 
 ●泉質    ナトリウム-塩化物強塩温泉
 ●色     茶褐色
 ●臭     土泥臭
 ●味     塩味
 ●料金    大人1200円 小人400円(土日祝大人200円 小人100円増)
 ●住所    千葉県野田市花井1-1-2
 ●電話    04-7123-4126
 ●HP     https://yudokoro-honoka.jp/noda/
 ●評価    ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

 
スポンサーサイト



五朗笑店

 湯の郷でひとっ風呂浴びて、ランチは栄勝軒系の新店で。

 郷の湯から、流山街道を梅郷方面に歩き、途中、南下するとこんな冬枯れの風景を抜け到着。

 

 五朗笑店

 

 爆盛必至なので、ラーメン小(650円)と弱気な注文。

 

 それでもこの量。

 もやしは控え目ですが、チャーシューは角煮大。

 それと背脂の海!

 これらを掻き分け、出てきた麺は、全粒粉のような茶色で極太ゴワゴワ麺で二郎のようです。

 

 スープは、醤油に乳化した動物系のダシが強烈に主張する攻撃的な味。

 好きですが間違いなく体には悪いでしょう(笑)

 それでも小なので余裕残しで食べきることができました。

 スープに関しては、大量の背脂が浮いているので完飲は避けました。

 辺鄙な立地なのに昼時は満席と人気はあるようです。

 ご主人が寡黙、無愛想、それに変な凄みがあったのが印象に残りました。





 ●住所 千葉県野田市上花輪新町38−33
 ●電話 04-7197-1225







FC2ブログランキングに参加しました!

今日も一押しお願いします。



こちらにも参加してみました!

よろしければ一押しお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ

野天風呂 湯の郷(再訪)

 本ブログ開設当初にレポした、野田市にあるスパ銭を超久しぶりに再訪しました。

 野天風呂 湯の郷

 

 最寄りは東武アーバンライン梅郷駅ですが、その手前の運河駅から歩いてみました。

 運河の駅名どおり、利根運河を渡り、東京理科大学や某宗教団体の本拠地を眺めながら、約10分で到着。

 

 和風の外観は、当時と変わっておらず、古さも感じません。

 

 受付を済ますとすぐに、食事処という配置は、少し前のスパ銭の造り。

 

 岩盤浴はこのお値段とお得です。

 

 暖簾の先はスマホNGとなっていました。

 

 内湯のメインは、高濃度ナノ炭酸泉

 エリア最大級と謳っており、ここの売りです。

 炭酸泉の浴槽は、普通の深さと座って肩までつかれる深めの浴槽が繋がっており多人数が入れます。

 広々としたサウナは、高濃度酸素装置が設置され、息苦しさが緩和されています。

 前回と違う点は、時代の流れを捉え、ロウリュウを導入されていました。

 その他、アトラクション系も充実しています。

 
 ※HPより

 露天は、打たせ湯付きの大岩風呂、壺湯4つ、かわり湯で構成。

 
 ※HPより

 
 ※HPより

 特に壺湯は、大きめのサイズ+温湯で、寝てしまう気持ちよさ。

 かわり湯は、ゆず湯でした。

 第二次世代のスパ銭ですが、メンテナンスをしっかりされていて、快適さは十分。

 平日にも関わらず、多くの客でにぎわう好施設です。

 

 
 ●源泉名    -
 ●源泉温度   -
 ●泉質    白湯
 ●色     無明
 ●臭     無臭
 ●味     無味
 ●料金    大人620円 小人310円(土日祝大人80円 小人40円増)
 ●住所    千葉県野田市山崎貝塚町5-2
 ●電話    04-7121-4126
 ●HP     http://www.yuno310.com/bath.html
 ●評価    ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

 

白ヤギ珈琲 酒々井プレミアム・アウトレット店

 しすい亭でランチの後、酒々井プレミアム・アウトレットをブラブラ。

 喉が渇いたので、こちらのカフェでコーヒーブレイク。

 白ヤギ珈琲 酒々井プレミアム・アウトレット店

 

 店名は、白ヤギが食べていた赤い実がコーヒーの実だったという話からのネーミングだそうです。

 店内は、ナチュラルな内装。

 

 コーヒー1杯、税込み350円とコメダと比べ安めの設定。

 味は、セブンイレブンのコーヒー。

 

 というのも運営は、株式会社セブン&アイ・フードシステムズということで、セブン系列。

 100円コーヒーとの差額は場所代ってとこですかね?

 1時間寛ぎ、店を出るとやや控えめなイルミネーションが年の瀬を彩っていました。

 








 ●住所 千葉県印旛郡酒々井町飯積2-4-1
 ●電話 043-481-6070
 ●HP  https://www.7andi-fs.co.jp/shiroyagi/

 



 

FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

しすい亭(再訪)

 クリームコロッケがおいしい酒々井の洋食屋さんを再訪。

 しすい亭

 

 1年前にも来ていますが、お店を建替えたようで、きれいになっていました。

 土曜の昼時とあって、駐車場は満車で建物の横の狭い道を入った従業員用の駐車場に何とか停め、店内へ。

 こちらも満席でしたが、10分程度で席が空きました。

 ここでは、クリームコロッケは外せないので、外の黒板にあった、本日のランチ(920円)を頼みました。

 

 ご飯、味噌汁、冷奴、漬物がセットされた定食です。

 

 メインは、たまごクリームコロッケ2つと鶏のショウガあんかけ3つとすごいボリューム。

 クリームコロッケの中には、刻んだゆで卵がたっぷり入っています。

 

 鶏はモモの唐揚げで、甘酢餡と千切りのフレッシュショウガがのっています。

 とちらも、アツアツの状態で提供され、味は最高!

 ご飯にもよく合い、すべて平らげてしまいました。

 仮に食べきれなくても、お持ち帰りの容器をくれるので安心。

 値段は高めですが、内容は充実。

 また食べに来ます!

 



 

 ●住所 千葉県印旛郡酒々井町酒々井町1593
 ●電話 043-496-5056

 





FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

宮前湯

 松戸駅近くに残るレトロ銭湯を訪ねました。

 宮前湯

 

 松戸駅から伊勢丹を抜け、松戸神社の先にあります。

 創業は昭和16年。

 木製鍵の靴箱や暖簾を潜ると直ぐ番台など昔古式ゆかしい造り。

 

 浴室に入ると富士山のペンキ絵が目に飛び込みます。

 浴槽は2つで、1つは深湯。

 もう1つはジェットとバイブラ。

 
 ※松戸市HPより

 いずれもラベンダーの入浴剤入りでした。

 客層は、高齢者だけでなく若年層もいますが、みんな静かにマナーを守って入浴しており、好感がもてます。

 ふと天井を見上げると、ペンキがボロボロに剥げて、かなり老朽化が進んでいるよう。

 どんどん減っていくレトロ銭湯の火が消えないことを祈りつつ、湯上がりは脱衣場の休憩スペース(単に椅子が置いてあるだけ)で220円と格安のスーパードライで喉を潤し、ささやかな幸せに浸りました。








 
 ●源泉名    -
 ●源泉温度   -
 ●泉質     白湯
 ●色      無明
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金     大人430 円 170 円
 ●住所     千葉県松戸市松戸1766
 ●電話     047-362-2819
 ●HP     http://www.city.matsudo.chiba.jp/smph/miryoku/kankoumiryokubunka/odekakemap/map_arekore/yu/miyamaeyu.html
 ●評価    ★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

魁!!男飯

 日大生産工学部や東邦大学がある学生の街、京成大久保。

 ここに「メタボ上等!!」を謳った豚丼のお店があります。

 魁‼男飯

 

 大盛は、肉400グラム、米600グラムというデカ盛ですが、これは無理なので中盛(890円)にトライ!

 

 

 中盛でも肉300グラム、米500グラムのボリュームです。

 そして、このビジュアル。

 

 肉は、1枚1枚、炭火で焼いているとのことで、タレの焦げる香ばしい香りが食欲をそそります。

 肉の下には大量のご飯が隠れていて、これを食べ進めるに連れて、満腹感に襲われます。

 それでも何とか完食!

 こんなにご飯を食べたのは、超久しぶり。

 学生は、100円引きの学割があり、学生街ならではのお店でした。







 ●住所 千葉県習志野市大久保1-18-5
 ●電話 047-479-6161






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

兎に角

 前回、日曜定休日で食べられなかった松戸馬橋のお店に再訪。

 本日は確証を期して土曜日。

 しかし・・・

 なんと臨時休業。

 SNSで告知しているとのことですがそんなの知りません。

 何という相性の悪さでしょう。

 そして、ドラフト2位のお店に行くことに。

 に角

 

 人気店だけに、10人以上の行列に並び、評判の油そば(780円)を注文。

 太目のストレート麺の上に、大判チャーシューとクラッシュチャーシュー、メンマ、ネギ、カツオ節、海苔が乗っています。

 

 丼の底にある醤油ベースのタレが絡むようによくかき混ぜていただきます。

 
 麺をすすってまず、美味いっ!

 醤油ダレが店名どおり兎に角美味いのです。

 この手の麺は、ゴワゴワ食感なのてすが、モチモチで、弾力がありこれもよし。

 チャーシューはしっかりタイプとクラッシュタイプそれぞれの味わいが。

 カツオ節と海苔もいいアクセントになっています。

 三分の一ほど食べたところで、割スープをコール。

 

 割スープは、濃厚豚骨魚介のドロドロスープ。

 これを丼に投入してミニラーメンします。

 

 1杯で2つの味を楽しめるのですが、個人的には、アッサリ鶏ガラスープの方が合うのでは?と思ってしまいます。

 普段、油そばは食べないのですが、この店の油そばは、衝撃の美味さて正解でした!





 ●住所 千葉県松戸市根本462 比嘉ビル 1F
 ●電話 0473614667
 ●HP  https://www.tonikaku.co.jp/












FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スーパー銭湯 白旗

 千葉市中央区、最寄り駅はJR蘇我駅、駐車場完備のスパ銭に行ってきました。

 スーパー銭湯 白旗

 

 10年ぶりくらい前に一度来ていますが、初レポとなります。

 

 

 スーパー銭湯と名乗っていますが、こちらは銭湯。

 料金も430円と組合価格。

 今回は、千葉Walkerのクーポンでサウナ付、800円→400円を利用。

 なのに、店の女将の説明は、サウナがサービスとなるクーポンなので430円とのこと。

 釈然としませんが、まあ30円に目くじらを立てても仕方ありません。

 フロント周りは、小さな休憩スペース有り。

 

 脱衣場は、鍵付ロッカーですが、壊れているのか鍵がついていないロッカーが多数有り。

 

 浴室は、所謂、銭湯に比べ広く、大浴槽には、バイブラ座湯や電気風呂、ジェット付歩行浴まであります。

 
 ※HPより

 それと、檜の小浴槽があり、こちらはかなり温めの設定です。

 
 ※HPより

 檜自体が傷んでしまったのか、端材でいい加減な補修が施されています。

 サウナは、銭湯にしては広く、14インチのブラウン管テレビがついています。

 これに水風呂も。

 サウナを付けると800円と普通のスパ銭価格になってしまいますので利用者は、少なめです。

 露天は、中浴槽が1つ。

 
 ※HPより

 入浴剤による緑色の湯が讃えられていますが、謎の黒い浮遊物が、気持ち悪く、すぐに出てしまいました。

 まだスパ銭ができる前、普通の銭湯に比べスーパーだったことはよくわかりましたが、もう過ごし少し手を加えた方が良いのではという印象の施設でした。







 
 ●源泉名    -
 ●源泉温度   -
 ●泉質    白湯
 ●色     無明
 ●臭     無臭
 ●味     無味
 ●料金    大人430 円 170 円
 ●住所    千葉県千葉市中央区白旗2-12-10
 ●電話    043-261-7306
 ●HP    http://spshirahata.jp/annai.html
 ●評価    ★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん