FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

あきた芸術村 温泉ゆぽぽ

 あきた芸術村は、劇団わらび座を中心としたエンターテイメントリゾート施設。

 その中にある温泉施設で立ち寄り湯。

 あきた芸術村 温泉ゆぽぽ

 

 施設内には、劇場のほか、食事処や工芸館、田沢湖ビールなどが建っています。

 

 

 ゆぽぽの館内でもお土産コーナーがあり、地酒や田沢湖ビールが充実した品揃えです。

 

 

 それでは、暖簾をくぐります。

 

 浴場は大小2つあり、まずは小浴場から。

 小浴場は、檜小浴槽+水風呂+小サウナで構成。

 

 

 ここの水風呂の風呂桶は、昭和前半の家庭風呂のようです。
 

 
 貸し切り状態で使えればいいのですが、3人の先客がいたのでさっと入って大浴場に移動です。

 大浴場の脱衣所は、籐タイル敷、プラ籠、鍵付ロッカー付で広さは十分。

 

 浴室は、檜の大浴槽が1つ。

 

 成分が強いとのことで加水・加温・循環・消毒フルセットと残念な湯遣い。

 しかしながら、ガス臭とキシスベ浴感はしっかりと残り、湯温もぬるめなのでそれなりに温泉感を楽しめます。

 また、浴槽が大きく屋根の梁など木をふんだんに使用しており、山の湯宿の雰囲気をゆったりと味わえました。










 
 ●源泉名    わらび温泉
 ●源泉温度   35.8℃
 ●泉質     ナトリウム硫酸塩泉
 ●色      黄土濁色
 ●臭      ガス臭
 ●味      無味
 ●料金     大人650円 小人400円
 ●住所     秋田県仙北市田沢湖卒田字早稲田430
 ●電話     0187-44-3333
 ●HP     yupopo@warabi.or.jp
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ



スポンサーサイト



休暇村 乳頭温泉郷

 乳頭温泉郷の中では入口にあたるこちらの宿で立ち寄り湯。

 休暇村 乳頭温泉郷

 

 秘湯的な宿が多い乳頭温泉郷の中では一番近代的な宿です。

 フロント・ロビーは、カラフルなタイルカーペットが敷かれ、ソファーやテーブルなども公共の宿らしいスタンダードなイメージ。

 

 それでは大浴場、ぶな林の湯の暖簾をくぐります。

 

 

 脱衣所は、板張壁に籐タイル敷で鍵付きロッカー付。

 

 きれいに掃除も行き届いてます。

 内湯は、大小2つの浴槽で構成。

 大きい浴槽は、ナトリウム-炭酸水素塩泉で加水のみの掛け流し。

 

 

 笹濁りで湯温は約40℃とぬる湯なので長湯に適します。

 

 小さい浴槽は、単純硫黄泉でやはり加水のみの掛け流し。

 

 白濁で湯温は約42℃であつ湯となっていますが、しっかりと温まって汗をかくには適当な温度です。

 

 露天は、内湯の田沢湖高原の湯と同じ単純硫黄泉が注がれる石枠の中浴槽が1つ。

 

 約41℃なので、温まっては、風に吹かれを繰り返しながら、周りに目をやると、ブナ林のまぶしい新緑が目に飛び込んできます。

 

 温泉の効能に加え、新緑のヒーリング効果も味わいとても癒されました。

 

 休暇村 乳頭温泉郷は、とてもキレイで1つの大浴場だけで2つの異なった泉質を楽しめ、湯遣いも最高と乳頭温泉郷の中では万人向けの好施設でした。

 







【内湯大】
 ●源泉名    乳頭の湯
 ●源泉温度   53.1℃
 ●泉質     ナトリウム-炭酸水素塩泉
 ●色      無色
 ●臭      無臭
 ●味      無味

【内湯小・露天】
 ●源泉名    田沢湖高原の湯
 ●源泉温度   59.1℃
 ●泉質     単純硫黄泉
 ●色      乳白色
 ●臭      強玉子臭
 ●味      苦味
 ●料金     600円
 ●住所     仙北市田沢湖駒ケ岳2-1
 ●電話     0187-46-2244
 ●HP     https://www.qkamura.or.jp/nyuto/
 ●評価     ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


乳頭温泉郷 孫六温泉

 黒湯温泉の駐車場からさらに奥に進むと行き止まりとなり数台の駐車スペースが表れます。

 ここからは川をわたり滝を横目に進むと、鄙びた温泉宿が見えてきます。

 

 

 乳頭温泉郷 孫六温泉

 

 茅葺屋根の建物は湯治宿の雰囲気をより高めています。

 

 
 
 受付にはおじいちゃんが1人。

 たっこちゃん手形を呈示すると、「ここは520円だけど妙乃湯は800円だから先にそっちに行った方が得だよ」的なことを言われたので、「もう行きましたよ!」と答え受付終了。

 お風呂は、大きく2つ。

 

 

 まずは、男女別の唐子の湯に。

 

 木造りの湯小屋で壁も木張り。

 ここに木造の小浴槽が1つ。

 

 無色透明・無味・無臭のさっぱりとした単純温泉ですが、糸状の白い湯の花が無数に舞っています。

 

 スベスベ浴感、適温なので長湯も可能です。

 続いて、混浴の石の湯・露天へ。

 

 石の湯は、脱衣所から階段を下りていく造りで、別府の竹瓦温泉や鉛温泉の藤三旅館湯、湯の峰温泉のつぼ湯をイメージさせます。

 

 こちらは、床や浴槽すべてが石造りで唐子の湯とは別源泉の石の湯源泉です。

 単純温泉なので唐子の湯と大きく変わりませんが、浴槽の底石が風化して座ると痛いので落ち着きません。

 石の湯からは、混浴露天風呂にそのまま行ける造りです。

 混浴露天は、岩組の中浴槽が2つ繋がったものが1つ。

 

 

 その向こうに小浴槽が1つ。

 

 本来なら、のんびりと川を眺めながらの湯浴みとなるところですが、治水河川工事を行っていて景観は今一つでした。

 

 鄙びた湯治宿で共同浴場のような湯を楽しめる、渋い宿でした。

 







 

【孫六温泉(唐子の湯)】
 ●源泉名    唐子の湯
 ●源泉温度   49.9℃
 ●泉質     単純温泉
 ●色      無色透明+糸状湯の花
 ●臭      無臭
 ●味      無味

【孫六温泉(石の湯)】
 ●源泉名    石の湯
 ●源泉温度   46℃
 ●泉質     単純温泉
 ●色      無色透明+糸状湯の花
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金     520円
 ●住所     秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
 ●電話     0187-46-2224
 ●HP      -
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

乳頭温泉郷 黒湯温泉

 乳頭温泉郷の最奥部に位置する一軒宿、乳頭温泉郷 黒湯温泉の温泉レポです。

 駐車場から宿に向かう途中、ブナの森から湧いた天然水のサービス。

 

 日帰りの受け付けはこちらの建物で。

 

 ちょうど茅葺の手入れをしていました。

 

 温泉は、混浴棟と男女別棟に分かれています。

 

 ということでまずは混浴棟から。

 

 簡素な脱衣所は、男女別となっています。

 

 混浴棟は、内湯と露天があり、まずは内湯へ。

 内湯は、木造小浴槽が1つと打たせ湯があります。

 

 

 白半透明の湯には湯の花が舞うキシスベの単純硫黄泉。

 熱めなので、さっと入り露天に移動。

 露天は、天然の木をそのまま利用した東屋付き小浴槽。

 

 ほとんど仕切りもなくオープンな露天で、ややぬるめの温度設定。

 夏の風に吹かれて快適な湯浴みです。

 

 混浴風呂の後は、黒湯食堂や茅葺屋根の湯治棟を抜けて、男女別棟に移動。

 

 

 

 

 湯小屋の前には源泉が沸々と湧く湯だまりの風景が。

 

 こちらが男女別棟。

 

 内湯は、黒ずんだ木造の中浴槽が1つ。

 

 白濁した単純硫黄泉が加水掛け流しでオーバーフロー。

 

 適温なのでしっかりと温まると、汗が吹き出し、冷めるまでにはかなりの時間を要します。

 男女別棟を出ると、打たせ湯の湯小屋があり、2本の湯樋から源泉がドボドボと流れ落ちています。

 

 

 ここはさっと流しただけ。

 パワースポットのくろたまちゃんを触りご利益をいただいて黒湯温泉を後にしました。

 

 





【混浴】
 ●源泉名    黒湯上
 ●源泉温度   54.7℃
 ●泉質     単純硫黄泉
 ●色      青白色
 ●臭      硫化水素臭
 ●味      酸味

【男女別】
 ●源泉名    黒湯下
 ●源泉温度   51.8℃
 ●泉質     単純硫黄泉
 ●色      青白色
 ●臭      微硫化水素臭+オイル臭
 ●味      酸苦味
 ●料金     大人600円 小人300円
 ●住所     秋田県仙北市田沢湖生保内黒湯沢2-1
 ●電話     0187-46-2214
 ●HP     http://www.kuroyu.com/index.html
 ●評価     ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

露天風呂 水沢温泉

 秋田駒ヶ岳山麓の水沢温泉郷は、数軒の宿が建ち並ぶ小さな温泉地。

 その中の1つ、露天風呂 水沢温泉を訪ねました。

 

 水沢温泉郷の他の宿は、それなりに寂れています。

 

 

 しかし、ここは看板こそ年期が入っていますが建物はきれいで、日中は日帰り温泉としても人気のようです。

 

 

 館内には、さかなクンが描いた幻の魚、クニマスが!

 

 大浴場はこんな感じで、内湯の深さが60センチに対し、露天は1メートルの深さとなっています。

 

 それでは暖簾をくぐります。

 

 脱衣所は、日帰り利用も見込んで、かなりゆったりと採られています。

 

 内湯は、四角の大浴槽が2つ連なる造りで、左右で温度差を設けてあります。

 

 注がれるのは、コバルトブルーに青白く濁った硫酸塩・硫黄泉。

 

 やや苦味があり、硫化水素臭+微オイル臭のスベスベ浴感で温泉感たっぷり。

 

 

 源泉は、秋田駒ヶ岳中腹標高1千メートルの地点に、毎分約1,000リットルの自然湧出でこれをパイプで引湯しており、とてもフレッシュな印象。

 露天も、内湯同様、石造りの大浴槽が2つ。

 

 やはりそれぞれ温度差がつけられ、1つには東屋も付きます。

 

 

 深さ1メートルの湯には、浴槽周りに腰かけ用の段がつけられているのでここに座るとちょうどいい体制になります。

 

 露天からの景色は、木々の向こうに道路が見えるだけですが、開放感はそれなりにあります。

 

 とにかく、青白い濁り湯は、神秘的で夜、朝ともに味わいがあるいい温泉でした。

 乳頭温泉ほどメジャーではありませんが、ここをスルーするのは勿体ないと思います。

 
 ●源泉名    水沢温泉(1、2、3、4号混合泉)
 ●源泉温度   58.6℃
 ●泉質     硫酸塩・硫黄泉
 ●色      青白濁り
 ●臭      微オイル・硫化水素臭
 ●味      微苦味
 ●料金     大人600円 小人300円
 ●住所     秋田県仙北市田沢湖生保内下高野73-15
 ●電話     0187-46-2111
 ●HP     http://www.tsukamoto-sogyo.co.jp/mizusawa/index.html
 ●評価     ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん