いやしの里 さくらの湯

 高崎駅から徒歩圏の貴重な温泉を訪ねました。

 いやしの里 さくらの湯

 

 こちらの施設、「街中で唯一の源泉掛流し、高崎市最古の天然温泉」という触れ込みで、期待が高まります。

 建物は、古いのですが入口は、ちょとした料理屋のよう。

 

 入口を入ると、囲炉裏風の休憩スペース。

 

 ここでは生ビールも飲めます。

 派手な暖簾の先は、携帯NG の表示。

 
 
 かつては、高崎温泉不動かくれの湯という施設だったのが休館を経てリニューアルオープンという経緯があり、脱衣場は小綺麗です。

 浴室は、大浴槽が3つに区切られ、手前から打たせ湯(使用不可)、寝湯、普通温浴となっています。

 
 ※HPより

 湯使いは、加温+源泉掛流しとこだわりがあり、オーバーフローの量も豪快です。

 浴感は、ややスベでクセはありません。

 これで550円ですから、銭湯感覚で日常利用したくなる施設でした。

 

 



 ●源泉名     高崎温泉 不動かくれの湯
 ●源泉温度   36℃
 ●泉質      ナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩温泉
 ●色        茶褐色
 ●臭        無臭
 ●味        無味
 ●料金       500円
 ●住所      群馬県高崎市下和田町1-10-3 
 ●電話       027-386-4321
 ●HP         http://www.sakuraonsen.jp/
 ●評価       ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト

上牧温泉 常生館

 上越線上牧駅は、簡素な駅舎の無人駅。

 

 大抵のホテルや日帰り温泉の和風の湯は、立ち寄り湯の受付は、昼過ぎからですが、10時からやっているこちらの宿を訪ねました。

 上牧温泉 常生館

 

 宿へはこの吊り橋を渡って行きます。

 

 

 利根川もここまで遡ると透明度は抜群!

 

 湯治宿の風情そのままの味がある外観。

 

 

 

 館内も同様。

 

 さて、畳敷の廊下を抜けて、期待を込めて暖簾をくぐります。

 

 脱衣場は、脱衣棚に洗面台と至ってシンプル。

 

 浴場は、内湯と露天がありますが、露天はこのとおり閉鎖中。

 

 内湯は、木枠の中浴槽が2つに区切られています。

 

 竹の湯口からは、飲泉可の源泉が注がれ、オーバーフローが確認できます。

 

 温泉は、灰透明、茶色の湯の花混。

 

 無味、無臭でキシキシ浴感。

 浴室は、天井まで木にこだわった造り。

 

 大きくとられた窓からは、さっき渡った吊り橋と川を望み、内湯ながら解放感があります。

 

 小一時間ではありますが、完全貸し切りで楽しむことができました♪








 ●源泉名    常生館の湯
 ●源泉温度   25.8℃
 ●泉質      ナトリウム・カルシウム一塩化物温泉・硫酸塩温泉
 ●色       灰透明・湯の花混
 ●臭       無臭
 ●味       無味
 ●料金      400円
 ●住所      群馬県利根郡みなかみ町石倉317
 ●電話      0278-72-3494
 ●HP       http://www.minakami.or.jp/menber'spage/jousei/index.htm
 ●評価      ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

半出来温泉 登喜和荘

 青春18きっぷで日帰り温泉巡り、最後の下車は、吾妻線袋倉駅

 

 無人駅で簡単な待合室以外は、何もありません。

 

 お目当ての温泉は、この看板を頼りに歩きます。

 

 線路に沿った小路を進むと、だんだん獣道に変わってきます。

 そして、森の中に。

 

 

 すると下の方に吊橋が見えてきます。

 

 吊橋からは、牧歌的な風景。

 

 吊橋を渡ると、ようやく到着。

 半出来温泉 登喜和荘

 

 民宿か湯治宿かといった佇まい。

 

 ロビーというか玄関。

 

 古色蒼然とした廊下の先が浴場です。

 

 脱衣所も年季が入ってます。

 

 内湯は、中浴槽が1つ。

 

 

 飲泉も可です。

 

 勿論、かけ流しです。

 アブラ臭、苦みと僅かな塩味を感じる温泉感たっぷりのお湯は、適温でつるスベの優しい浴感。

 

 地元の方が代わる代わる入ってきてほのぼのしたムードです。

 露天は、混浴(女性専用は、別に有)

 

 

 木枠の中浴槽で内湯よりは、やや温め。

 
 こちらも源泉かけ流し。

 湯口からは、惜し気もなく、源泉を投入。

 

 木々の間からさっき渡った吊橋が見えます。

 

 秘湯感すら感じる、いい温泉に入ることができました。

 ただ1つまずかったことは、カラカラの喉を潤をそうと、玄関の自販機で買ったスーパードライが冷えてなかったこと(*_*)






 ●源泉名    恵の湯
 ●源泉温度   43℃
 ●泉質      ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
 ●色       透明
 ●臭       アブラ臭
 ●味       苦塩味
 ●料金      大人400円 小人300円
 ●住所      群馬県吾妻郡嬬恋村今井97-1
 ●電話     0279-97-3373 
 ●HP      http://www.nande.com/tokiwasou/index.htm
 ●評価      ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです





FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

川原湯温泉 王湯会館

 八ツ場ダム建設にともない、温泉街が移転していますが、2年前に行った王湯も新しくなりました。

 川原湯温泉 王湯会館

 

 川原湯温泉駅で下車し、トンネルを抜けすぐ左の道を進むと到着です。

 

 ピカピカの外観。

 シンボルの「笹リンドウ」は、健在。

 

 ただ料金は、2時間500円と値上がりしてました。

 暖簾周りや脱衣所も清潔感があります。

 

 
 
 

 内湯は、木枠の中浴槽が1つ。

 

 大好きな十和田石が敷かれ、入り心地もなかなか。
 
 源泉温度が高温なので加水・かけ流しです。

 

 

 浴室内全体に、硫化水素臭が漂う新源泉は、初めはキシスベ。

 その後、スベスベと浴感が変化した気がします。

 露天は、日差し屋根付きの中浴槽。

 

 アールがついてデザイン的にも和モダンな感じ。

 

 緑の中での湯浴みは、とても快適でした。

 

 2階は、大広間になっていて、自由に休憩出来るようになっています。

 

 昔の面影は、大分なくなりましたが、新たな観光スポットとしては、外せない温泉です。




 ●源泉名    川原湯温泉(新湯)
 ●源泉温度   79.3℃
 ●泉質      含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
 ●色       透明
 ●臭       硫化水素臭
 ●味       無味
 ●料金      大人500円 小人300円 (2時間)
 ●住所      群馬県吾妻郡長野原町川原湯491-6
 ●電話      0279-83-2030
 ●HP      http://www.kawarayu.jp/onsen.html
 ●評価      ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです





FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

岩櫃城温泉 くつろぎの館

 吾妻線群馬原駅は、ロードサイドにベイシアなどの郊外型店舗が並び、沿線では賑やかな町です。

 駅からは、約10分。

 高台にそびえる、お城のような建物が、目的の温泉です。

 岩櫃城温泉 くつろぎの館

 

 

 

 東吾妻町営の施設で温泉の他、健康増進、高齢者支援機能もあるようです。

 入口前には、お城らしく甲冑が展示されています。

 

 早速、暖簾をくぐります。

 

 脱衣所は、広くてよいのですが、貴重品ロッカーが有料なのが残念。

 

 浴室に入るとます、サウナ、かけ湯、水風呂、寝湯が目に入ります。

 このうち、かけ湯は、消毒なしの源泉加温かけ流しです。

 温泉成分のせいか、床やかけ湯浴槽は、赤茶けています。

 

 内湯は、大浴槽が1つ。

 

 こちらは、循環・消毒が施されていますが、それでもキシスベの浴感、僅かに黄色がかった透明の単純硫黄泉は、プールのような温泉とは違います。

 露天は、岩組の中浴槽が1つ。 

 

 こちらは、かけ流し・循環併用。

 

 

 城から城下を見下ろしての湯浴みとなります。

 400円でこれだけの湯に浸かれれば、文句はありません。

 ここでは、ちょっと時間があったので、大広間でランチをいただきました。

 まずは、冷たいのを1杯!

 

 冷たいそばとソースカツ丼のセット

 

 そばは、乾麺を茹でたもの?

 

 カツは、ヒレで肉厚、揚げたてでまずまず。

 

 とにかくお腹は一杯になりました。
 





 ●源泉名    岩櫃城温泉 (不動の湯)
 ●源泉温度   33.9℃
 ●泉質      単純硫黄温泉
 ●色       透明
 ●臭       微アブラ臭
 ●味       無味
 ●料金      大人410円 小人250円(2時間)
 ●住所      群馬県渋川市村上305-2
 ●電話      0279-59-2611
 ●HP      http://www.spa-sachinoyu.jp/
 ●評価      ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです





FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク