天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(食事・岩盤浴編)

 天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店の食事と岩盤浴のレポです。

 温泉とサウナでたっぷりと汗をかいた後は、やっぱりコレ!

 

 ジョッキをキンキンに冷やしているので、うまさ倍増!

 食事メニューのほうは、イマイチで、味噌ラーメンとメガ盛りポテトを頼んでみました。

 味噌ラーメン、スープは味噌の香りや甘味とコクがあって結構おいしいのですが、麺とトッピングは、フードコート並。

 

 メガ盛りポテトの盛りはメガには見えません。

 

 味も冷食の味で、マックのポテトには及びませんね。

 おなかを満たしたら、岩盤浴コーナーへ。

 

 リクライニングシートは、テレビ付きでwifi・充電用USB完備で快適。

 

 漫画は、5000冊をそろえます。

 

 休憩だけなら、岩盤ロビーにもソファーがたくさん置いてあります。

 

 岩盤スペースの床は、波のような加工を施した木製床材で、なかなか心地よい足触り。

 

 岩盤浴は、春夏秋冬をモチーフに4つを配置。

 錦秋

 

 一番広い岩盤浴で鉱石の温熱効果によりマイナスイオンを発生。

 鉱石のバックには、プロジェクションマッピングの画像が映し出されます。

 

 芳春

 錦秋の奥にある女性専用のコーナー。

 炎夏

 

 岩盤石とサウナストーンの熱波でたくさんの汗をかきます。

 また、店長とバイト君によるロウリュウサービスも楽しめました。

 吹冬

 

 いわゆるクールサウナで、ロウリュウの後は大混雑でした。

 

 サービスと岩盤浴の配置は、最近オープンしたスパ銭とほぼ同列の高水準。

 これで平日なら、入浴750円+岩盤400円=1,150円ですから、コスパは最高!

 さらに、私が行ったオープン3日目は、女風呂のシャワー不調があり、なんと入浴・岩盤ともにサービス(0円)に加え、次回の無料招待券までいただいてしまい、うれしいやら申し訳ないやら。

 次回の無料チケットは、期間内にありがたく使わせていただきます!


 
 




 ●源泉名   龍ヶ崎温泉 湯舞音 
 ●源泉温度  28.1℃ 
 ●泉質    ナトリウム-塩化物強塩泉 
 ●色     黄土茶 
 ●臭     泥、金木臭 
 ●味     塩味 
 ●料金
  入浴    大人750円 小人350円(土日祝 大人100円 小人50円増)
  岩盤浴   大人400円(渡日祝日 大人100円増)
 ●住所    茨城県龍ケ崎市中里2-1-2(たつのこまち竜ヶ崎モール内) 
 ●電話    0120-30-5426 
 ●HP    http://yubune-ryugasaki.jp/index.html  
 ●評価      ★★★ 
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準による )






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト

天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店(お風呂編)

 平成30年6月26日にオープンした、こちらのスパ銭に行ってきました。

 天然温泉 湯舞音 龍ヶ崎店

 

 流通経済大学の北東に位置する新興住宅街に造られたショッピングモール、たつのこまちモールの一角に建ちます。

 たつのこまちモールは、君津の業者、新昭和の開発で、船橋市習志野台のゆめまちモールによく似ています。

 

 とにかく広大な敷地の中に、マツキヨや蔦屋書店、ユニクロ、カスミ、サイゼ、魚べいなどが並びます。

 

 

 さて、天然温泉 湯舞音ですが、和とアジアを合わせたような外観。

 

 玉岡設計なので習志野市の菜々の湯や千葉市の蘭々の湯のコンセプトとよく似ています。

 

 館内は新築なのでピカピカ!

 

 フロントを抜けると広々したロビーに大型クッション、テーブル席、お土産などが置いてあります。

 

 

 それでは暖簾をくぐります。

 

 まずは内湯から。

 内湯は、日替わり湯の中浴槽とバイブラの不惑の湯、これにサウナ+水風呂といった構成。

 この日の日替わり湯は、ワインカラーのハイビスカスでやや熱めの設定。

 

 不惑の湯は、バイブラと電気でジェットがないのが残念。

 サウナはまだ木の香りがして快適です。

 露天は、天然温泉炭酸泉の大浴槽と天然温泉の大浴槽の2トップ。

 朝イチの天然温泉炭酸泉は、きれいな黄土色で透明度ゼロのナトリウム塩化物強塩温泉が並々満たされ贅沢な気分。(夕方になると循環が進み薄黄色の透明な湯になってしまいます。)

 

 湯温は37℃で、かなりまったりとできます。

 隣の天然温泉槽は、循環なのか薄緑の透明な湯になっています。

 

 こちらは、43℃なのでしっかり温まると大汗です。

 この他、白湯の壷湯が3つと屋根付き寝ころび湯を備えます。

 

 

 後発スパ銭として、しっかりといい施設に仕上げたなという印象です。

 食事・岩盤浴編に続きます。

 






 ●源泉名   龍ヶ崎温泉 湯舞音 
 ●源泉温度  28.1℃ 
 ●泉質    ナトリウム-塩化物強塩泉 
 ●色     黄土茶 
 ●臭     泥、金木臭 
 ●味     塩味 
 ●料金
  入浴    大人750円 小人350円(土日祝 大人100円 小人50円増)
  岩盤浴   大人400円(渡日祝日 大人100円増)
 ●住所    茨城県龍ケ崎市中里2-1-2(たつのこまち竜ヶ崎モール内) 
 ●電話    0120-30-5426 
 ●HP    http://yubune-ryugasaki.jp/index.html  
 ●評価      ★★★ 
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準による )








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

つくば温泉 季楽里別邸(食事・岩盤浴編)

 つくば温泉 季楽里別邸の温泉を楽しんだ後は、ごはんタイム!

 食事処の風玄は、かまど炊きごはんにこだわっています。

 

 

 注文したのは、メンチかつ御膳(950円)

 大きなメンチが2つと白和え・漬物の小鉢2品、これにごはんと味噌汁がつきます。

 メンチは揚げたてでアツアツ・ジューシー!

 

 スパイシーな中濃ソースが肉の甘みを引き立てます。

 自慢のかまど炊きごはんは、香り・甘み・硬さどれもいい仕上がり。

 

 ここのごはんは当たりでした。

 お腹を満たした後は、岩盤浴コーナーでまったりと過ごします。

 

 漫画コーナー

 

 リクライニングコーナー(充電用USB付、個別TV無し)

 

 岩盤浴は、大きな熱した石を中央に配したプルガマ岩盤浴。

 

 ここは、2階建て構造で、1階は、穴蔵岩盤浴、塩岩盤浴など。

 2階は、タイルシートの高温岩盤浴と広い1部屋に数種類のコーナーを設けています。

 つくば温泉 季楽里別邸、1600mも掘削して温泉を掘り当てた、後発施設だけあってSPA要素をすべて満たしたいい施設に仕上がっていました。

 

 ちょっと遠いけど、ここはまた来たくなる温泉です。







 ●源泉名   つくば温泉喜楽里別邸
 ●源泉温度  35℃
 ●泉質    ナトリウム-塩化物強塩温泉
 ●色     薄黄色
 ●臭     微硫化水素臭
 ●味     微苦塩味
 ●料金    大人 1000円 小人600円(土日祝 大人200円 小人100円増)
        岩盤浴
        280円(土日祝20円増)
 ●住所    茨城県つくば市西大橋614-1
 ●電話    029-846-2641
 ●HP    http://www.yurakirari.com/kirari/tsukuba/ex/
 ●評価    ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

つくば温泉 喜楽里別邸(お風呂編)

 2018年4月25日にオープンしたばかりの隠れ家系スパ銭を訪ねました。

 つくば温泉 喜楽里別邸



 

 圏央道つくば中央ICから5分、TX研究都市駅から徒歩5分とアクセスは良好。

 喜楽里は、湯楽の里の上級ブランドで、小学生以上を対象とした施設です。

 杉やヒノキ林を拓いて造った落ち着いたブラウンベースの和の外観は、隠れ家的雰囲気を醸します。

  

 温泉は地下1600mも掘削して掘り当てたようです。

 

 料金は、平日大人1000円とお高めですが、岩盤浴が250円なのでセットで考えればコスパは良好。

 

 システムは、ICシューズロッカーで全てを精算。

 フェイスタオルとバスタオルは備付。

 岩盤浴もICで自動貸出となっています。

 それでは浴場に。

 

 内湯は、高濃度炭酸泉がメイン浴槽になっています。

 

 37℃で泡付、清潔さともにまずまず。

 これに、ジェット、バイブラ+サウナ+水風呂で構成。

 サウナは、オートロウリュウ付ですが、アロマ水ではないので香りの演出なし。

 テレビはついたままで至って地味なロウリュウです。

 露天は、湯楽の里と同様、上の湯と下の湯の2つ。

 

 上の湯には、加温・掛け流しで天然自家源泉が注がれます。

 

 ナトリウム泉としては意外なほどツルスベな浴感で薄黄色、湯の花混。

 ほのかに硫化水素臭を感じます。

 上の湯のオーバーフローは、下の湯に流れ込みますが、下の湯は、循環・消毒有りでクリアなお湯になっています。

 この他、寝ころび湯を備えます。

 

 内湯、露天とも浴槽数がやや少な目に思いますが、後発スパ銭としては、キモをしっかりと押さえてた施設といえます。
 
 この後、岩盤浴・食事編に続きます。
 







 ●源泉名   つくば温泉喜楽里別邸
 ●源泉温度  35℃
 ●泉質    ナトリウム-塩化物強塩温泉
 ●色     薄黄色
 ●臭     微硫化水素臭
 ●味     微苦塩味
 ●料金    大人 1000円 小人600円(土日祝 大人200円 小人100円増)
        岩盤浴
        280円(土日祝20円増)
 ●住所    茨城県つくば市西大橋614-1
 ●電話    029-846-2641
 ●HP    http://www.yurakirari.com/kirari/tsukuba/ex/
 ●評価    ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

五浦観光ホテル 別館大観荘

 北茨城に建つ、五浦観光ホテルは、和風の宿本館と別館大観荘から成る大規模なホテルです。

 

 今回は、オーシャンビューの温泉に入りたいので、まっとうな温泉で、別館大観荘に無料で入らせていただきました。

 

 ロビーは、豪華な造り。

 

 

 温泉は離れで、この長い廊下を進みます。

 

 ここが大浴場、大歓の湯の入口。

 

 脱衣所は、広々として全てが綺麗で機能的。

 

 

 というのも、2012年にリニューアルしているから。

 内湯は、石枠の大浴槽が1つ。

 

 

 ここに、海辺の温泉らしいやや黄みがかった塩化物系の天然温泉が注がれます。

 

 やや塩味の温泉は、キシキシ感があり、加水加温なし、源泉掛け流しの湯使いでうれしくなります。

 

 露天は、東屋付きの岩風呂が2つ。

 

 ここも内湯同様、源泉掛け流しで完璧。

 

 それでも湯温にやや差があり、こちらは、やや温めで、長湯に適しています。

 

 

 露天の各浴槽からは、この眺め。

 

 打ち寄せる波と弾ける波。

 雄大な太平洋を温泉とともに満喫することができました。

 

 




 ●源泉名    五浦観光ホテル1号泉湯
 ●源泉温度   71℃
 ●泉質      ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
 ●色       薄黄・透明
 ●臭       微ヨード臭
 ●味       塩味
 ●料金      1000円
 ●住所      茨城県北茨城市大津町722
 ●電話      0293-46-1111 
 ●HP       http://www.izura.net/sp/daikanso/
 ●評価      ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)





FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク