磐梯の湯 ドーミーインEXPRESS郡山

 郡山駅西口から徒歩5分と好立地のビジネスホテル、磐梯の湯 ドーミーインEXPRESS郡山の温泉レポートです。

 

 

 共立メンテナンスが運営するこちらのホテル、磐梯の湯と銘打った大浴場が売りです。(立ち寄り湯も可)

 

 

 脱衣所はスタイリッシュでこの規模にしては広めにとられています。

 

 

 浴室は内湯2と露天で構成。

 内湯のメインは、人工炭酸泉。

 

 中浴槽ですが泡付はなかなか。

 内湯のもう一つは、ジェット付寝湯。

 そして小さなサウナが1つ。

 露天は、中浴槽の変わり湯。

 

 この日はリンゴが浮いたリンゴ風呂。

   

 お湯自体は、塩素臭も感じる白湯ですが、大型テレビがセッティングされ、湯温も温めなのでかなり長湯していまいました。

 湯上り処には、漫画コーナーがあり、ここには300円で飲めるアサヒビール福島工場直送のビアサーバーもあり、まったりと湯上りを楽しむには快適過ぎです。

 

 ビジネスでホテルを選ぶ際の参考にしてくだい!

 

 

  ●源泉名   -
 ●源泉温度 -
 ●泉質    -
 ●色      無色 
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金    600円(土日祝700円)
 ●住所    福島県郡山市大町2-18-1
 ●電話    024-935-5489
 ●HP     http://www.hotespa.net/hotels/koriyama/
 ●評価    ★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト

ライジングサンホテル ヴィライナワシロ

 猪苗代スキー場のゲレンデに隣接する観光ホテル、ライジングサンホテル ヴィライナワシロの温泉レポです。

 

 

 

 外観は、少しくたびれた感じですが、ロビーは2階まで吹き抜けになっていて解放感があり、オブジェのような照明が特徴的です。

 

 お土産も一通りそろい不自由なし。

 

 大浴場は、しゃくなげ、さぎそう、つつじと福島や猪苗代を代表する花の名前がつけられています。

 

 男湯は、さぎそうでした。

 脱衣所は広々。

 

 浴室は、内湯+サウナで露天はなし。

 内湯は、長方形の大浴槽が1つのみ。

 

 ここに注がれるのは、笹濁りのナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

 

 平成6年に開湯した磐梯猪苗代はやま温泉の源泉から引湯していますが、湯使いは、循環・消毒を施しておりちょっと残念。

 

 しかし、浴感は、ややとろみを感じるヤヤスベで微塩味を感じ、温泉感はそれなりにあります。

 サウナは3、4人で一杯ですが、ビールをおいしくいただくためにはありがたい存在。

 湯上りには、地元の酪王牛乳の他、磐梯山の伏流水、麦茶などがそろい水分補給には事欠きません。

 

 ホテル規模相応の施設ですが、温泉はなかなかいい泉質でした。

 

 




 ●源泉名   磐梯猪苗代はやま温泉
 ●源泉温度 60.5℃
 ●泉質    ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
 ●色      笹濁り 
 ●臭      微薬臭
 ●味      微塩味
 ●料金    大人700円 小人500円
 ●住所    福島県耶麻郡猪苗代町葉山7105
 ●電話    0242-62-4111
 ●HP     http://www.villa.co.jp/
 ●評価    ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)










FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

温泉天国さくら湯

 福島県の郡山に立ち寄ったので、かねてから気になっていた遊仙島乃湯を訪ねると別の施設になっていました。

 温泉天国さくら湯

 

 

 

 どうやら運営会社が変わったようで6月から、さくら湯としてリニューアルした模様。

 ロビーは広くとられ、ローカルな日帰り温泉風情。

 

 

 券売機で入浴券を購入し、フロントでシューズボックスの鍵とロッカーの鍵を引き換えるスタイル。

 浴室は、内湯1、露天1。

 内湯は、L字型の大浴槽が1つとサウナ、水風呂。

 

 注がれるのは芒硝系で気泡がつくタイプ。

 無色透明で僅かに芒硝臭があります。

 浴感は、ツルスベで温泉感たっぷりのいいお湯です。

 内湯は、43度程度で適温でした。

 一方、露天は、岩組(一部檜)の大浴槽が1つ。

 こちらも内湯と同じ温泉ですが、露天のせいかやや温めで長湯に最高!

 浴感もツルツル加減が強く感じました。

 郡山は、新幹線も停まる大きな都市ですが、ここのような温泉が点在する温泉天国!

 いい街です。





 
 ●源泉名   さくら湯源泉(仙遊島乃湯源泉)
 ●源泉温度 45.3℃
 ●泉質    ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
 ●色      無色 
 ●臭      芒硝臭
 ●味      無味
 ●料金    大人600円 小人300円
 ●住所    福島県郡山市島2-7−6
 ●電話    024-931-4126
 ●HP     http://sakura-yu.net/2016/08/19/hello-world/
 ●評価    ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)










FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

 

高湯温泉 安達屋 (再訪)

 7月に入り恒例のこちらの宿を訪ねました。

 高湯温泉 安達屋

 

 昨年は行けなかったので2年ぶりの訪問となります。

 和の雰囲気が漂う宿の外観。

 

 

 フロント周りは古民家風。

 

 囲炉裏のあるラウンジでは、珈琲、お茶を自由に飲むことができます。

 

 それでは早速温泉へ。

 混浴露天風呂、大気の湯には、いつもなら同然、男湯から行くのですが、本日は貸し切りなので、女風呂も入り放題。

 

 ということで女湯の暖簾をくぐります。

 

 脱衣場は、小さいながらも雰囲気があります。

 

 

 内湯は、男湯に比べて新しく、石枠の中浴槽が1つ。

 

 注がれるのは、フレッシュな硫黄泉。

 青白く光る、酸味のある湯は、ややスベの浴感。

 

 続いて露天。

 こちらは、岩風呂で勿論、源泉掛け流し。

 

 この先が混浴露天の大気の湯。

 いつもながら野趣あふれる解放的な露天です。

 

 打たせ湯に、寝湯、洞窟風呂など趣向を凝らした造り。 

 

 

 

 今回は、やや熱めでたっぷり汗をかきました。

 それと前回は、入れなかった貸し切り露天の薬師寺の湯にも入れました。

 

 このラウンジから外に出ます。

 

 貸し切り風呂は、2つあり、一の湯に入ります。

 

 脱衣場は簡素な造り。

 

 そして、石枠の中浴槽が1つ。

 

 

 ここも当然、源泉掛け流し。

 ランプの灯りの中、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

 

 この宿、本当にお気に入りで、また来年も行こうと思います。




 





 ●源泉名     湯花沢3番、5番、6番、高湯26番滝の湯合併
 ●源泉温度   46.3℃
 ●泉質      酸性-含硫黄-アルミニウム・カルシウム-硫酸塩温泉
 ●色        白濁
 ●臭        微硫化水素臭
 ●味        微酸味
 ●料金       -
 ●住所      福島県福島市町庭坂字高湯21
 ●電話       024-591-1155
 ●HP         http://www.adachiya.jp/gensen.stm
 ●評価       ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)






FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

幕川温泉 水戸屋旅館

 冬季は営業を休止する、秘湯の宿を訪ねました。

 幕川温泉 水戸屋旅館

 

 福島市街から土湯峠に向かう途中、細い山道を進んだ突き当りにあります。

 この日は、春季営業開始初日の5月1日。

 宿の周りは、深い霧につつまれています。

 

 

 館内は、古色蒼然とし、まさに湯治宿。

 

 最初に向かったのは、2Fにある混浴の展望露天風呂。

 

 脱衣所は男女別で簡単なもの。

 

 脱衣所を抜けると、東屋付の大きな木造りの浴槽が1つ。

 
 
 樹齢800年の檜を2つ合わせたひょうたん型の浴槽です。

 

 すでに先客が数組おり、オープンしたての秘湯を楽しんでいます。

 温泉は、湯の花漂う硫黄泉。

 2つの源泉を持っているとのことで、混合泉かもしれません。

 独特の硫化水素臭にキシキシの浴感。

 温泉感たっぷり、解放感もたっぷり。

 
 
 とてもいいお湯です。

 続いて1Fの男女別大浴場へ。

 こちらの脱衣所はやや広め、といっても簡素です。

 

 内湯は、木枠の中浴槽が1つ。

 

 こちらにも青白い硫黄泉が掛け流しで供給され、フレッシュな源泉をそのまま楽しむことができます。

 

 カランは濃厚な温泉成分で真っ黒に!

 

 露天もあり、岩組の中浴槽が1つ。

 

 湯口からは、新鮮な自家源泉が贅沢に注がれます。

 

 こちらも適温でゆっくりと浸かることができました。

 

 幕川温泉周辺は、野地温泉、新野地温泉、赤湯温泉などの秘湯が点在する温泉銀座。

 何度でも来たくなる温泉好きにはたまらないエリアです。
 
 





 ●源泉名    幕川1号泉、2号泉
 ●源泉温度   72℃、80℃
 ●泉質      単純硫黄泉
 ●色       青白濁
 ●臭       無硫化水素臭
 ●味       酸味
 ●料金      大人500円 小人100円
 ●住所      福島県福島市土湯温泉町鷲倉山1-3
 ●電話      0242-64-3316
 ●HP       -
 ●評価      ★★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)





FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク