FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

道の駅 湯西川 足湯

 野岩鉄道会津・鬼怒川線 湯西川温泉駅に直結した道の駅 湯西川に立ち寄りました。

 

 道路を挟んで、湯西川の流れを望みます。

 

 最近注目のダムツアーの水陸両用バス。

 

 この道の駅は、食事処・売店や、観光インフォメーションなどの他、温泉施設 湯の郷が併設されています。

 時間の関係で、温泉はパスせざるを得ませんでしたが、足湯に入ってきました。

 東屋付の足湯は、素朴なイメージ。

 

 やや温めなので、長く入り、足から体までポカポカになります。

 

 ドライブの途中や列車の待ち時間など無料で楽しめる好施設です。

 
 





 ●源泉名    市有湯西川温泉
 ●源泉温度   44.6℃
 ●泉質     アルカリ性単純温泉
 ●色      無色透明
 ●臭      微硫化水素臭
 ●味      無味
 ●料金     無料
 ●住所     日光市西川478-1
 ●電話     0288-78-1222
 ●HP     
http://www.michinoeki-yunishigawa.jp/
 ●評価      ★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。









ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


スポンサーサイト



湯西川 水の郷

 平家伝説の里、湯西川の新しい観光施設で立ち寄り湯。

 湯西川 水の郷

 

 水の里は、日帰り温泉だけでなく、お土産、食事、散策など楽しみいっぱいの観光センターです。

 湯西川を跨ぐ大吊橋が、水の郷のシンボル。

 

 屋根付の足湯もあります。

 

 入口にクマが立つ、湯西川くらし館は、展示・イベントスペースですが本日は休館。

 

 それでは、立ち寄り湯、藤花の湯の暖簾をくぐります。

 

 脱衣所は、とてもキレイで、無料の鍵付きロッカー有り。

 

 内湯は、石枠の四角い中浴槽が1つ。

 

 湯底は、大好きな十和田石敷で注がれるのは、市有の共同源泉です。

 

 ツルスベで優しい浴感に加えとてもきれいなお湯は好感です。

 湯使いも、加温・加水。循環・消毒なしの源泉掛け流しでオーバーフローも確認。

 湯温は、適温ですが夏は少し熱く感じます。

 露天は、岩組・屋根付きの中浴槽が1つ。

 

 山の緑と湯西川の清流に囲まれ、清涼感ある露天風呂です。

 和の休憩所やソファースペースなど、湯上りにのんびりと過ごす場所もあります。

 

 

 吊り橋を渡り、散策したり、湯西川で遊んだり、食事をして温泉入ってと、ここで半日は遊べますよ!

 

 






 

 ●源泉名    市有湯西川下地区源泉
 ●源泉温度   55.5℃
 ●泉質     アルカリ性単純温泉
 ●色      無色透明
 ●臭      微硫化水素臭
 ●味      無味
 ●料金     大人510円 小人250円
 ●住所     栃木県日光市湯西川473-1
 ●電話     0288-98-0260
 ●HP      https://yunishigawa-mizunosato.jp/onsen
 ●評価      ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。







ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


ホテル湯西川

 夏の終わりに、訪ねたこちらの宿の温泉レポートです。

 ホテル湯西川

 

 かつては、伴久ホテルというグレードの高い宿でしたが、数年前から伊東園ホテルの軍門に下っています。

 

 宿泊は伴久の時に一度泊まっているので2回目となります。

 まず、気になったのは、ホテル前の駐車場。

 アスファルトがボコボコなのに修繕なし。

 

 外観もかつてと比べ、くたびれていて伊東園臭がプンプンです。

 ロビーの和風スペース、休憩スペースは、以前のまま上品な空間を保っていました。

 

 

 お土産屋さんもそのまま。

 

 それでは、温泉に。

 まずは、当日予約で無料の貸切風呂に行ってみることに。

 

 木をふんだんに使った暖かみのある脱衣所。

 

 

 露天形式で、東屋付、天然木枠の中浴槽が1つ。

 

 こちらは、温泉ではなく地下水の沸かし湯なのが残念。

 

 それでも夕闇時にライトアップされた湯船と川のせせらぎをBGMに1時間のプライベートな時間は、上質です。

 

 

 続いて大浴場

 

 脱衣所は、特に手を入れた様子なし。

 

 内湯は、石枠の大浴槽の真ん中が湯口で二分されています。

 

 

 注がれるのは、無色透明のアルカリ性単純温泉で、ツルスベの良泉です。

 

 湯使いは、加水なし、消毒なしの加温、循環

 以前は、塩素臭があった気がしましたが、浴感は今回のほうが上に感じます。

 僅かに硫化水素臭も感じる美人の湯です。

 露天は、木々に囲まれた楕円形の岩風呂。

 

 

 湯口からは、内湯と同じツルスベのアルカリ性単純温泉が。

 

 やはり川のせせらぎでリラックス効果が増しますね。

 

 やや温めの湯は、のんびりと浸かるのに最適。

 伊東園ということを忘れる瞬間です!











 ●源泉名    伴久スプリングバレー
 ●源泉温度   40.5℃
 ●泉質     アルカリ性単純温泉
 ●色      無色透明
 ●臭      微硫化水素臭
 ●味      無味
 ●料金     宿泊者のみ
 ●住所     栃木県日光市湯西川597
 ●電話     028-898-0370
 ●HP  https://www.itoenhotel.com/yunishigawa/
 ●評価      ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。







ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


赤沢温泉旅館

 塩原温泉郷は、箒川を挟む2つのメイン道路沿いに宿が建ち並びますが、その1本南側の細い通りを進んだ先に建つ一軒宿で立ち寄り湯。

 赤沢温泉旅館

 

 

 静かな立地の一軒宿らしくロビーはガランとして、鹿の頭のはく製が飾られています。

 

 

 何故か館内は獣臭い香りが立ち込めています。

 ここもおもて那須手形対象施設なので無料入浴となります。

 浴場につづく廊下には、古代エジプトを思わせるタペストリー。

 

 それでは暖簾をくぐります。

 

 脱衣所は、簡素でアメニティ類はなし

 

 浴場は、内湯と露天で構成。

 内湯は、古代ヒノキの中浴槽が1つ。

 

 

 
 大きくとられた窓の向こうには、赤がきれいな一本のもみじが。

 

 湯口からは、無色透明、少量の湯の花が舞う自家源泉のナトリウム・カルシウム塩化物温泉が掛け流しで注がれます。

 

 ツルスベで肌にやさしい美人の湯タイプの温泉でした。

 露天は、半円型の岩組浴槽が2つに仕切られ、湯口がある側は適温、反対側は超ぬる湯と湯温が別けられています。

 

 
 
 ぬる湯は、37℃くらいなのか秋の露天としてはぬる過ぎです。

 湯底には、落ち葉がたまり、掃除は行き届いてないようです。

 露天からは何の仕切りもなく紅葉の木々を望むことができ、解放感抜群。

 

 何の手を加えることのない無加水、無加熱、無循環の天然温泉をそのまま味わえる貴重な宿だと思います。

 

 




 ●源泉名    赤沢源泉
 ●源泉温度   45.0℃
 ●泉質     ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉
 ●色      無色透明微湯の花混
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金     600円
 ●住所     栃木県那須塩原市塩原1149
 ●電話     0287-46-5700
 ●HP     http://akasawaonsen.com/
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

大江戸温泉物語 ホテルニュー塩原

 塩原温泉の超巨大ホテル、大江戸温泉物語 ホテルニュー塩原で立ち寄り湯。

 

 

 おもて那須手形で、無料入浴です。

 年間23万人、1日平均630人が来館する巨大なホテルだけあって、ロビーも広大。

 

 

 お土産コーナーも充実しています。

 館内には、数か所大浴場がありますが、日帰り利用は、現代版湯治場と銘打つ湯仙峡のみの利用となります。

 湯仙峡入り口

 

 ここから長―い橋で川を渡ります。

 

 橋からは箒川と色づいた木々の眺め。

 

 

 湯仙峡のある棟には、リクライニングコーナー+卓球コーナーが。

 

 

 さらに漫画コーナーもあり、ここにはPCやマッサージ器もそろい健康ランド並の快適さです。

 

 

 

 それでは、浴場に。

 脱衣所は、リニューアルされていてとてもきれいで、鍵付ロッカーも有り難いところ。

 

 内湯は、循環・消毒の大浴槽が1つ。

 

 40~41℃程度の適温で手足を伸ばしてゆったりと入ります。

 露天はバラエティに富んだ浴槽を配置しています。

 循環・消毒、ジェット付浴槽

 

 メインは源泉掛け流しの3浴槽。

 板室温泉で見かける立ち湯

 

 
 
 中央に配置された中浴槽

 

 横に長い玉石組の大浴槽

 

 浴感は、ツルスベで無味・無臭とあまりクセのないナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉。

 掛け流しの浴槽はどれも40℃のぬる湯設定でついつい長湯になってしまいます。

 これにサウナと水風呂もあり申し分ありません。

 

 温泉・お休み処ともに充実した湯仙峡、21:00まで利用できるので次回は、車中泊用の温泉としてまた使ってみたいと思います。

 

 
 




 ●源泉名    七紘の湯、市営門前温泉1号・2号・4号混合泉
 ●源泉温度   65.3℃
 ●泉質     ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
 ●色      無色透明
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金     大人700円 小人300円(土日祝日 大人300円、小人100円増)
 ●住所     栃木県那須塩原市塩原705
 ●電話     0287-32-2611
 ●HP     http://newshiobara.ooedoonsen.jp/
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん