FC2ブログ

千葉県発!温泉・スパ銭・湯~ライフ

温泉大好き!千葉県在住の管理人がエコノミーな温泉・スパ銭紹介を中心に旅行や日常を綴るブログです。

ふなばしメグスパ(再訪)

 こちらの施設の無料券があったので運動も兼ねて、チャリで行ってみることに。

 ふなばしメグスパ

 

 

 アップダウンが激しく、それでいて案外交通量もある船橋郊外の市街化調整区域?を走ること45分。

 アンデルセン公園や千葉県民の森を過ぎようやく到着。 

 ふなばしメグスパは、船橋市北部清掃工場から発生する熱エネルギーを利用した余熱利用施設。

 

 プールやトレーニングルームもありますが、チャリでかいた汗を流しに浴場へ。

 脱衣所のロッカーは、100円リターン式。

 

 週毎に男女浴室が入れ替えになるのにいつもこっちばっかりです。

 内湯大浴槽は、温め設定で長湯に適します。

 
 ※HPより  

 1日60回循環するためお湯は綺麗です。

 サウナは、9人で一杯。

 テレビ付きなのはいいのですが、80℃超え程度で熱さが足りません。

 さらに水風呂も20℃以上は、ありそうで温くクールダウンになりません。

 露天は、炭酸泉。

 
 ※HPより

 こちらは、湯が汚い。

 落ち着いて入っいられず早々に退散。

 一応、サウナ4セットをこなし、休憩スペースで小休止。

 

 再びチャリに跨り帰路に着きました。

 いい運動になりました。







 ●源泉名    -
 ●源泉温度   -
 ●泉質     - 
 ●色     無色
 ●臭     無臭 
 ●味     無味
 ●料金    大人500円 小人250円
 ●住所    千葉県船橋市大神保町1356-3
 ●電話    047-457-5151
 ●HP    http://f-meguspa.jp/
 ●評価    ★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです)








FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト



真名井の湯 千葉NT店(再訪)

 またまた無料券が当たりました!

 真名井の湯 千葉NT店

 

 

 数ヶ月に一度当たるので最近は、ほとんどタダで入らせていただいてます。

 

 久しぶりに行ったら、いつものテレビスペースに加え、寝転びコーナーが新設されてました。

 

 

 温泉は、いつもの通り濃厚な塩化物泉でよく温まります。

 サウナも5セットとしっかりと汗もかき、この喉を潤すのも、こちらのクーポンでタダ。

 

 

 数ヶ月に1度のタダで楽しむ休日でした。










 ●源泉名    下総温泉
 ●源泉温度    36.2℃
 ●泉質      ナトリウム塩化物強塩温泉
 ●色       薄茶 
 ●臭       泥土・微金属臭 
 ●味       強塩味 
 ●料金      大人750円(休日850円)小人280円) 会員は70円引
 ●住所      千葉県印西市中央南2-3-2
 ●電話      0476-48-4126
 ●HP      http://www.manainoyu.com/chiba/
 ●評価      ★★ 
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)









FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

湯楽城 東京(食事・休憩編)

 湯楽城 東京のダイナミックなお風呂を堪能した後は、食事。

 お刺身定食やかつ丼などの和食屋、そば・うどん・ラーメンなどの麺屋、アラカルトとお酒を楽しむ飲み屋などがありますが、そばを食べようと七栄屋に入ってみることに。

 

 注文は、壁にあるタッチモニターとICチップ入りリストバンドで。

 

 システムは、フードコート形式。

 天ざる(950円)

 

 全く期待なしでしたが、そばは案外コシがありのど越しがよく、つゆは、カツオと昆布の風味があり濃すぎず。

 

 わさびがまた、フレッシュな甘味があってそばをひき立てます。

 天麩羅は、オクラ、ナス、カボチャ、エビ。

 

 サクッと揚がっていてこれも上々。

 近所のスパ銭と比べると、こちらに軍配が上がります。

 食後のデザートは甘味処で、抹茶ミックスソフト(400円)

 

 甘さ控えめで抹茶のほろ苦味もあり、これも美味しかった。

 お腹が膨れたので、休憩スペースに移動。

 まずは、休憩ロビー。

 

 ここは、和ではなく洋の世界。

 椅子やソファーが並び思い思いの過ごし方ができます。

 

 大きなモニターがありましたが、CHIのデモ映像が流れるだけで面白くありません。

 漫画無し、スポーツ新聞有り

 この奥が、個室風休憩所と有料のカプセル(今後、宿泊できるようになうそう)

 個室風の休憩所は、大人が横になれる広さでカーテンを閉めると、完全に個室になり安眠できます。

 

 

 ただ、窮屈感は否めませんね。

 湯楽城、最後のお楽しみは、18時から始まる噴水ショー。

 アナ雪などの音楽にのって、噴水とカクテルライトによるショーが行われます。

 

 

 

 ここは、マカオ?

 日本にいて、外国に来たような錯覚に陥ることができる、摩訶不思議系エンターテイメント浴場でした。

 






 ●源泉名     -
 ●源泉温度    -
 ●泉質     白湯
 ●色      無色
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金      -
 ●住所     千葉県富里市七栄650-355
 ●電話     0476-91-6866
 ●HP       https://www.yurakujo.com/
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ


湯楽城 東京(お風呂編)

 湯楽館 東京の温浴スペースのレポです。

 脱衣所は、フチなし畳式で快適。

 

 たくさんのロッカーが並びますが、1つ1つのロッカーの容量は少な目。

 

 タオル完備で、タオルカウンターには、常に従業員が常駐しています。

 お風呂は、内湯と露天で構成。

 内湯は、入るとすぐ赤い柱に瓦屋根のかけ湯。

 

 あかすりコーナー

 

 サウナはドライサウナのみでテレビ無しが残念。

 水風呂は、シャワー2つと、1人用木浴槽が2つ。

 

 木の浴槽は、手狭で使い勝手はイマイチ。

 

 内湯のメインは、三面窓の明るい白湯大浴槽。

 

 適温設定で塩素臭も感じず、ゆっくりと浸かります。

 こちらは、マイクロバブルバス。

 

 湯温がやや高めに加え、マイクロバブルでより温まります。

 ぬる湯大浴槽

 

 このぬる湯、広々として開放的。

 思わず寝てしまうほど快適。

 続いて、露天へ。

 まず、3連の壷湯。

 

 1つが1人用ではなく3人は入れそうな大きな焼き物を使っています。

 露天は、くの字型の中浴槽。

 

 坪庭が庭園風に設えてあり、モミジなんかも植えられているので、秋には赤く色づきよさそうです。

 

 温泉でないのが残念ですが、塩素臭も感じず、お湯も柔らかめ。

 

 ガラ空きで、広くダイナミックな浴槽を独り占めでした!

 






 ●源泉名     -
 ●源泉温度    -
 ●泉質     白湯
 ●色      無色
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金      -
 ●住所     千葉県富里市七栄650-355
 ●電話     0476-91-6866
 ●HP       https://www.yurakujo.com/
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

湯楽城 東京(施設編)

 成田空港にほど近い、冨里市に建つラディソンホテル成田の敷地内に温浴施設がオープンしたとの情報を得たので行ってみました。

 湯楽城 東京

 

 7月16日~9月7日までは、ソフトオープンというお試しきかんらしく、営業時間が11時~21時までで料金は半額設定となっています。(平日2800円→1400円)

 外観は、提灯や浮世絵などがオブジェとして貼り付けられ、ネーミングも城。

 

 なのに、お堀には噴水があり、どこか違和感があります。

 入口入ると、どでかいロビー。

 

 これは、江戸ではなくヨーロピアンリゾート?

 チェックインでは、ホテルさながらの名前・住所などの記入を求められます。

 受付の女性たちがほぼ中華で統一されているのも???

 受付を済ませ、ロッカールームに進み、ここで館内着の浴衣に着替えます。

 ここからの演出がまた凄い!

 真っ暗の通路には水が絶え間なく流れ、天井には、数多の星群の輝き。

 ほんの数メートル歩くと出口。

 出口は、稲荷神社のような赤い鳥居が並び、この辺りの地名をとった根木名駅となっています。

 

 出口を出ると目の前に江戸の町が広がります。

 とにかく広いスペースに、大江戸温泉をパクったかのように甘味処や飲み食い処、バーなどの建物が。

 

 

 
 
 目を引くのが中央に広く採られたイベント用の舞台。

 

 お休み処は、無料。

 

 密庵所は、有料貸し切りスペース。

 

 このスペース、天井にはプロジェクトマッピングのようなど派手な映像が流れ、けたたましい祭り太鼓が響き続ける落ち着かない演出が続きます。

 

 ここでも何か違和感を禁じ得ない・・・

 暖簾を見ると「CHI 江戸」の文字。

 CHI???

 中華ホテル資本がぶち込まれた施設だったのです。(ラディソンも中華でした)

 ハリウッド映画で描かれる間違った日本と相通じるイメージがこれです!

 まさに、中国旅行で日本テーマパークに来てしまったみたいな感じ。

 館内従業員も9割方アジア系なのも頷けます。

 驚きの施設の解説が長くなってしまったのでお風呂紹介は、次回に。

 







 ●源泉名     -
 ●源泉温度    -
 ●泉質     白湯
 ●色      無色
 ●臭      無臭
 ●味      無味
 ●料金      -
 ●住所     千葉県富里市七栄650-355
 ●電話     0476-91-6866
 ●HP       https://www.yurakujo.com/
 ●評価     ★★
 (評価は三ツ星が最高で、管理人の独自基準によるものです。)







FC2ブログランキングに参加しました!
今日も一押しお願いします。

こちらにも参加してみました!
よろしければ一押しお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへ

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ひろろろろ

Author:ひろろろろ
千葉県を中心とした温泉やB級グルメなどをレーポートします!
リンクいただける方は、ご一報いただけるとうれしいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

キャッシュバックやマイル交換ができるお薦めのポイントサイトです!

ポイントサイト「ポイントインカム」 懸賞サイトChance It!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん